ビックリマン 20th ANNIVERSARY  
 

[H-001〜H-010]

 

 

H-001 スーパーゼウス
 
  ★記念すべき第1弾ヘッド!
天使とお守りの国「天聖界」のトップであり、悪魔から平和を守る最強の戦士でもある。
お金と美女にめっぽう弱い。杖の名は「大聖棒(ビッグセントスティック)」。
聖神ナディアによって創出された次神子(じじんし)であり、ブラックゼウスとは双子の兄弟。

☆当初は「悪魔シールを貼られたら同じマークの天使シールで退治する」という遊びが設定されていたので、
どんな悪魔にも対抗できる「オールマイティ」として位置づけられたのがスーパーゼウスです。
以後、ビックリマンの「顔」として長く親しまれることになります。

 

H-002 シャーマンカーン
 
  ★ゼウスを育てた第2弾ヘッド!
スーパーゼウスと並ぶ天聖界の長老ヘッド。
多くの天使たちを鍛えてパワーアップさせる一方、戦時中は作戦参謀として重要な働きもする。
しかしスーパーデビルの罠にかかり、ゼウスと仲たがいさせられたことも…。
大昔に聖神ナディアから赤ん坊の頃のスーパーゼウスを託され、その教育係としての使命を果たしてきた。
ゼウスにとってカーンは戦いの師匠であり、育ての親であり、欠かせない親友でもあるのだ。

☆2弾で登場して以来シールでは出番がありませんが、物語の重要人物です。
ビックリマン世界でも最も古い時代から生きている謎の多いキャラの一人でもあります。

 

H-003 スーパーデビル
 
  ★第3弾ヘッドにして初の悪魔ヘッド!
悪魔の国「天魔界」を治めるエリート悪魔。「魔性暗黒ゾーン」とは天魔界の悪心が集まるというスポット。
戦闘能力は高くないが悪知恵は天下一品で、天使に化けて天聖界に潜入し堂々とスパイ活動することも。
その際、カーンと接触した場面が「密会」とウワサされたこともあったとか。(下心テクター事件)
永きに渡って天魔界を支配したが、次界での聖魔最終戦で敗れ消滅した。
(ただしマルコ編の時代で、異聖メディアに救われていたことが判明)

☆「悪魔側にもヘッドを出してほしい」という消費者からの声にこたえて誕生したという逸話は有名。
ゼウスのライバルとしての存在感は絶大で、後のスーパービックリマンやビックリマン2000でも登場します。

 

H-004 聖フェニックス
 
  ★天聖界の期待を背負った第4弾ヘッド!
新天地「次界」を発見・開拓するという使命を帯びて誕生した「次界創造主」。
最初は弱かったがライバル・サタンマリアとの戦いの中で成長して「聖戦衣化」した。
その後、若神子たちとともに次界へ向けて出発。途上でヘッドロココへとパワーアップする。

☆人気キャラ「ヘッドロココ」の登場したての頃の姿です。(武装していない姿のほうが有名かも?)
4弾の時点では「次界」や「無縁ゾーン」はほとんど設定が作られていませんでした。
なお20thのシールでは耳が着色されていませんが、これは「伝説復刻版」「スペシャルセレクション」でもあったエラーです。

 

H-005 サタンマリア
 
  ★二人目の悪魔ヘッドにして初の女性ヘッドは第5弾!
聖フェニックスの次界進出を阻むべく誕生した「次界超魔身」。
天聖界の老天使から奪い取った「6聖球」の力で大幅なパワーアップを果たす。
その後、母親である魔胎伝ノアの危機に際しワンダーマリアに変身する。

☆頭上に悪魔ヘッドの証である六芒星(ヘクサゴン)が付いていないのはまだ未熟だから。
シール裏書きでマリアの攻撃を受けているのが老天使たちです。

 

H-006 ブラックゼウス
 
  ★オリジナルは初のホログラムシールだった第6弾ヘッド!
スーパーゼウスの双子の兄弟だが、幼い頃にジュラの体内に取り込まれたことで邪心に染まった悲劇のヘッド。
額から発する破壊光線「虹光波(レインボービームウェーブ)」で天聖界を攻撃した。
ヘラクライストとの一騎打ちに敗れ、その後長い間「非層」(異次元空間)をさまようことになる…。

☆ビックリマンチョコ1周年を記念して登場したホログラムシールであり、
「ゼウス」の顔と名前で新たなファンに対してビックリマンをアピールする役割を持つシールでした。
(つまりスーパーゼウスの代役みたいな感じ?)
20thでのデザインは「伝説復刻版」でのものと同じで、「福袋版」とは一部異なっています。

 

H-007 始祖ジュラ
 
  ★悪魔の始祖が復活!第6弾ヘッド!
まだ天使と悪魔が仲良く暮らしていた時代(魔紀元前)、聖神ナディアから赤ん坊のブラックゼウスを授かったものの
自らのパワーアップのためにブラックゼウスを吸収、悪魔達を率いて天使に宣戦布告した「魔祖王」。

しばらく後に若い頃のスーパーゼウスと戦って敗北(第一次聖魔大戦)、長い間冬眠状態に入っていた。
この6弾の時代に満を持して復活!ところが天使たちの6聖卵爆撃を受けてすぐ消滅…。
体内から悪心に染まった状態でブラックゼウスが蘇ったのだった。

☆悪魔VS天使のキッカケを作った重要キャラなのですが、ブラックゼウスの影に隠れて存在感は希薄です。
オリジナルでも始祖ジュラのほうが先に登場したのに、20thでは何故かブラックゼウスの次…。

 

H-008 ヘラクライスト
 
  ★第7弾ヘッドはニュータイプ?
ブラックゼウスの猛攻撃に対抗すべく誕生した「聖神皇」。その正体は天使に作られたロボット「聖ボット」なのだ!

12天使の理力をインプットされてパワーアップしたヘラクライストは天界山脈の決闘でブラックゼウスを撃破!
その後も天聖界の守備隊長として本土防衛の任務を果たす。

☆パワーアップ後の背景が赤プリズム・緑プリズムなシールは「20thアンコール版」にて登場。
ちなみにビックリマン公式サイトでは幻の没バージョンが公開されています。(
こちら

 

H-009 魔肖ネロ
 
  ★天聖界を壊滅寸前まで追い詰めた第8弾ヘッド!
ブラックゼウスを失った天魔界は新たなヘッドを熱望、その願いに応えて「6魔極」から誕生したのが「魔偶王」ネロなのだ。
ネロが武器を持たないのは、超強力な魔力「魔性般若パワー」があればそれで十分だったから。
顔を見ただけで聖心が溶けるとまで言われたほどのパワーだったが、逆にネロ自身の体が耐え切れず…。

☆オリジナルは顔の部分が立体的に見えるホログラムシールでした。
圧倒的な悪のパワーに魅せられたファンも多いとか(笑)
20thのデザインは「伝説復刻版」のそれと同様で、「スペシャルセレクション」では未登場でした。

 

H-010 ネロ魔身
 
  ★ネロ崩壊直前!第8弾ヘッド
魔肖ネロがあまりに強力な自らの魔力に耐え切れず、魔身が露わになった姿。
この後さらに崩壊が進んだ姿も青プリズムのシールになっている。(アンコール版で復刻)
その後天魔界で静かに復活の時を待っていたネロは、後に次界にてデカネロンとして復活を果たす。
ちなみに「無化空域(無縁ゾーン)」から噴出した「7聖光」とは、次の第9弾で旅立つ7神帝を暗示したもの。

☆オリジナルではヘラクライストの赤・緑と並んでレア価値の高いのが「青ネロ(ネロ崩壊)」ですが、
こちらの通称「銀ネロ」はほとんどプレミア化していません…。

【Next】 H-011〜H-018

【戻る】