■ 悪魔VS天使シリーズの部屋
悪魔と天使の果て無き戦いの歴史絵巻、それがこのシリーズ。
最初のシリーズ(旧ビックリマン)のあとにもスーパービックリマン、ビックリマン2000へと物語は続いています。
同時に旧ビックリマンの人気シールを復刻したシリーズもここで扱います。

★ 全シリーズの総合年表はこちら!

  名称 発売時期 単価 概要 種類数
10 悪魔VS天使シール 85年8月 30円 次界編・マルコ編・パンゲ編 全1440種(31弾まで)
11 スーパービックリマン 91年8月 50円 バイオ悪魔VSメカ天使 全336種(10弾まで)
-- ビックリマン伝説復刻版 98年7月 60円 全てヘッドシールの豪華復刻 全66種(2弾まで)
14 ビックリマン2000 99年7月 2000年後の新たな冒険活劇 全520種(12弾まで)
15 超元祖ビックリマン 00年12月 旧ビックリマンの正統な続編 全?種(31弾完全編・32弾)
-- BMスペシャルセレクション 02年1月 人気キャラを片っ端から復刻 全?種(3弾まで)
-- ビックリマン2000ART Collection 03年11月 2000キャラをアート化 全25種(1弾のみ)
-- 悪魔VS天使編20th Anniversary

05年7月

80円 20周年記念限定!復刻+アニメシール 全100種(+30種)
20 悪魔VS天使編21st Anniversaryひかり伝 06年3月

旧以前の新ストーリー??

全42種

(参考資料:フィギュア王No56「ビックリマンシールヒストリー」)

☆ビックリマン2000の途中(9弾)からピーナッツウェハースチョコがアーモンドウェハースチョコに変更。

 

悪魔VS天使シリーズは、いずれも共通のバックグラウンドを持ち一つのストーリー大系を構成しています。
 シール同士の相関関係をつなぎ合わせ、大きな物語を組み立てていく楽しみが魅力です。

悪魔VS天使シール(旧ビックリマン)」は、ヘッドロココが次界を目指す「次界編」のあと
 その息子であるピア・マルコが次界を救う旅に出る「マルコ編」
 さらに異世界で神帝の子孫が活躍する「パンゲ編」が描かれました。
 しかし最後までは描かれず、未完であるかのような形で終了してしまいます。

旧ビックリマンの未来世界を描いた「スーパービックリマン」では、
 英雄の子孫達が巨悪の復活を阻止するために奔走します。ただしこちらも未完。

その後、商業的には悪魔VS天使とは関係の無いシリーズが発売されたのち、満を持して「ビックリマン2000」がスタート。
 主人公タケルが聖魔和合界を救うために旅をする「次界卵編」、異世界からの侵略者と戦う「凶悪魔編」、
 タケルの息子デミアンが過去に飛んで冒険する「集中豪無編」の3部作で、こちらは完結しています。

一方、未完に終わった「旧ビックリマン」の続きが見たいという声に答えて「超元祖ビックリマン」が登場。
 更なる謎を残しつつも10年ぶりにストーリーが動いたことでファンを熱くさせました。

また、続きじゃなくオリジナルも欲しいということで作られた復刻作が「BMスペシャルセレクション」。
 旧ビックリマンの残した遺産は今なお息づいていると言えるでしょう。

他方ではビックリマン2000のアレンジバージョンとして「ビックリマン2000 ART Collection」が登場。

「悪魔VS天使編」20周年となった2005年には、「20th アニバーサリー」としてヘッド100種以上をオリジナルサイズで一挙に復刻!
 さらに21周年には悪魔VS天使編の源流をさかのぼる「21st ANNIVERSARY ひかり伝」がスタート!
 今後もあの手この手でいろいろなシールが登場し続けそうです。

 

戻る