2004年12月 アーカイブ

2004年12月01日

にょ

今日の一発ネタ。


コレ系のアニメは見てない私でもこれぐらいは知ってますとも(爆)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月01日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月02日

潜水服の空気穴

一ヶ月ほど前、読者の方からこんな質問をいただきました。

「コッキー、オズ・アクアT」の口元の穴はいったい何なのでしょうか?
あれでは水が入ってきますよね、わたしには刑務所の面会室のように見えて仕方ありません。

これ、行ってみよ~!(違うって)

「刑務所の面会室」とは言いえて妙ですが、確かにアレっておかしいですよね?
潜水服ならば穴が開いてちゃ困るし、かといって空気穴ならアクアタイプの意味が無い。
いや、イラストでは泡を吐いてますから水中にいるようなのですが…。
私も当時は疑問に思ったはずですけど、すっかり見慣れて忘れてました(^^;

しかしですよ。そもそもオズとコッキーだけ潜水服を着てて
ヤマトJやその他の面々は平気な顔
というのはおかしくないですかね?
そうなると、アクアTの穴あき仮面は潜水服としての用途ではなく、
全く別の役目を果たしているのではないでしょうか?

例えば、周囲の魔気を浄化して取り込む作用があるとか
もしくは単なるフルフェイスのヘルメットだとか?
(穴は会話がしやすいために開いてるだけ、とか)
まさかイラストレーターが勘違いしてつけただけってことは…。

それにしても、31弾完全編ではまだアクア層にいたはずなのに
「殿・ベリーオズ」「殿・ディオコッキー」に変身しちゃってよかったんでしょうか(笑)
アクアTの存在意義って一体…??

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月02日 00:00 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月03日

何事件、解決!

本日、「ゴースト村の何事件」のシールファイルが届きました!
私の場合、29通応募して当選したのは1冊
今回の応募分では1500人分のはずなのですが、1500人以上から応募あったんですかね?
応募総数ではそれなりに多いでしょうけど、一人が何十通と送ったケースが大半かと(爆)

まあ本来のキャンペーンの意味からすれば、何通送ろうがまず一人1冊が基本で
それ以上はファイルが余ってたら配分…というのがあるべき姿なのかもしれませんけど。
(抽プレ品とはいえ、余分に何冊もあっても仕方ないものですし)
ただそれだとあんなにも応募ハガキを書きまくる必要は無かったのかなー
ちょっと素直になれない心境もあったり(^^;

しかしこのファイル、昔ながらのロッテ製シールファイルと比べると
中のファイル自体が透明のペラペラフィルムになってる以外は大差ありません。
ただ、ファイル裏面に詳細なストーリー等が載っているのは面白いですよ。
一応「何事件の解決とは何か」「解決したのは誰か」がはっきり明記されてます。
「何事件」にきっちりとカタをつけているのは評価したいところです。
とは言えきっちりシールを集めれば推測できる範囲ですけれど…。

ふと思ったのですが、これって「ドッキリダービー」キラ勝利者カードと似てますね。
あれもシール自体はレース中継の一部やステータス表みたいなもので、
当たり(点数券)を送ると「レースの結果」が記載されたカードが送られてくるシステムでした。
今回は「何事件の結果」が送られてきたようなもので、なかなか面白い試みだと思います。

ところでこの文面には「第1弾ストーリー」「第一弾何事件」「第1の事件」などと書かれていますが、
もしや既に第2弾も発売が決定しているんでしょうか…?
…でもドッキリダービーの勝利者カードでも2弾の予告だけはあったからなぁ…。

ちなみに11月締切分には35通送りました。
第1回よりも応募は少なそうなので、2冊目ゲットは確実…かな?(^^;

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月03日 00:00 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月04日

天狗3兄弟

赤てんぐ~

青てんぐ~

黄てんぐ~?

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月04日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月05日

天は神の上に神を造れり

ビックリマンが始まった頃は、スーパーゼウスが「全能の神」として君臨していました。
いや、少なくともそういう設定でした。

ところがブラックゼウスが登場したあたりからゼウスの唯一神設定が崩れ始めます。
二人のゼウスを生み出した「聖神」の存在がささやかれ出したのがこの頃です。
源層界には「聖神」と呼ばれる存在がいて、聖魔の戦いを見守っているという設定になり
スーパーゼウスは単なる一天使ヘッドに格下げされたような感じになってしまいました。

その後、源層界の聖神ナディアが姿を現したわけですが
同時に異聖神メディア、さらにそれらの上を行く超聖神(この頃はまだ「謎の聖神」)の存在が判明。
天使や悪魔とは次元の違う、まさに「神」の世界が徐々に明らかにされていったわけです。

しかしそれらが話しに絡んでくるとやたらややこしくなってくるというか、
それじゃ従来の天使・悪魔って何なの?という哲学的な側面が表層化しだして物語は複雑になります。
そうして悪魔VS天使という単純二極構造が崩壊し、設定自体もあいまいなまま
パンゲ編、超元祖編へと突き進んでいったわけです。

こうした世界観の拡大は設定のインフレを招き、その後の物語の整合性が取りづらくなり
収拾がつかないまましぼんでいくというのが長編物語にありがちなパターンです。

ですが、2000でもこの傾向は踏襲されてしまいました。
アノドと同格の深層神が登場し、やたらめったら世界観が拡張されて
超聖神が唯一絶対の創造神という設定は崩れ去りました。
(この設定自体は漫画版スーパービックリマンから存在してはいましたが…)
かつては「超聖神はビックリマンの最後の最後に登場する」とか言われてましたが、
超聖神の神格もだいぶ値下がりしてしまった今となってはどうしたものやら。

とは言え、超聖神アノドがシール化していないのは唯一の救いでしょうか…。
未だに姿が完全には判明していないことで、どうにか神秘性を保っている感じがしますよね。
そういう意味では、アノドがシール化したら本当に「終わり」ってことなのかも?

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月05日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月06日

空にキラキラお星様

今日のツッコミ。

聖豊フッド裏面イラストでは、空の穴から星が降ってきています。


けど、これって…。







これ?

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月06日 00:00 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月07日

乗務員着色バージョン

以前オークションを見ていたら、神帝隊の盾の部分のアーチ天使の顔を
普通の色合いで着色したもの
が出ていたのですが、
私はそれを見て「あー、そんなアイディアもあるのか!」と感心してしまいました(笑)
意味無くコスプレさせてみたりキラ素材だけ変えてみたりする安直な自作シールと比べて、
アイディアで勝負するタイプの自作シールは見ていて面白いです。
(自作シールの転売云々の議論はさておきますが)

そんな感じで、今回の画像いじりネタはこちら。

ところで、先日私が以前紹介した福袋版魔肖ネロについて
「このシール譲ってください!」というメールが来ました(^^;
私がこうして紹介している画像はシール化はしてませんし、その予定もありませんので念のため…。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月07日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月08日

あくまでも1/4500?

先日私も当選した「ゴースト村シールファイル」ですが、
よっぽど応募数が少なかったのか、応募した人ほぼ全員に1冊ずつ届いているようですね。
つまり30通送ろうが100通送ろうが、1通しか送らなかった人と同じ扱い。
確かに何十冊も届いたところで仕方ないところですけれど、
これってどうなんですかねえ…?

実は私も10月締切分にて、自分の名義で29通送ったのとは別に
試験的に知人の名義で1通だけ送ったのですが、見事に当選していたそうです(笑)
私の余分な28通分(1400円相当)は一体…。
いや、金銭的負担もさることながらせっせとハガキに住所氏名を書いた労力は…。

ところで、パッケージのキャンペーン情報について書かれてる箇所をよく見ると
「抽選で合計4,500名様プレゼント!!」
とあります。
公式サイトのニュース欄でもことさらに「○○名様」が強調されているような…。

これって、あくまでも一人一冊で4500人に当たるようにしたいんでしょうか?
そのため今回1500人に満たなかった分は次回繰り越しだったりして??
さらには、今回当たった人は11月締切分では一冊も当たらないかも?!

でも最終締切時に4500人に足りなければやっと一人に複数冊送ってくれるようになるかも。
その時こそ5~6冊ぐらい届いたりして??

それにしても、あらかじめ一人一冊だけだとわかっていれば
実家名義や知人名義を増やしたり、自宅住所を「○番地」「○号室」とか細かく使い分けたりして
複数応募してもバレにくい手法を取り入れたのに~(爆)

ぐむー、どうせ大したプレミアにもならないでしょうけど
せめて未開封保存用にもう一冊ぐらいは欲しいなあ…。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月08日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月09日

こうたいしさま

“「女性セブン」皇室記事誤植で発売延期 ”だそうです。

こちらの記事によると、「皇太子さま」が「皇子さま」になっていたため
修正・再販するそうです。

そんな大げさな問題なんですかねえ。
何せロッテもこんなシールを出しちゃうぐらいだってのに。


そもそもこれってアリだったのかなあ?
まあ「皇太子」という職は日本だけじゃないから「王子」「皇帝」と何ら違わないんでしょうけど。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月09日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月10日

コレクター必須三ヶ条

ボーナスが出ました~!

社会人としての半年分の苦労が報われる日です。
何買おうかなー?使い出したら減るのは早いんですけどね(^^;
しばらくはお金持ち気分なので、オークションなどでうっかり浪費してしまわないよう
気を引き締めなければいけません。

しかし、コレクションにはお金がかかるもの。
私はコレクションに必要な要素は「情熱」「資本」「知識」だと思います。
情熱が無ければそもそもコレクションなんてできっこないですし、
資本が無ければどんなに欲しくても手に入らないものがあります。
知識が無ければ求めるものの判別すらできず、ともすれば偽物をつかまされてしまいます。

コレクターにとって、この三本柱はどれが欠けても不十分となるでしょう。
このうち情熱は本人次第だし、知識はネットで調べればある程度は入手できますが
資本だけは現実的に一番厄介なところじゃないでしょうか。

そういう意味では、今の私はまさに最強!
あれもこれもまとめて落札してやるぜえ~!待ってな出品者諸君!!


…というようなことがないように、気を引き締めなきゃいけないわけですよ(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月10日 00:00 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月11日

33弾&BMF補完計画

セレク4も超元祖33弾も全く聞かれない今日この頃。
どちらも今のビックリマン情勢を見る限り、到底実現しそうにない感じです。

ところで超元祖にもBMForeverとして何枚か復刻シールが混ざってましたけど、
あのラインナップは基本的には本編と関連性の高いキャラが選ばれています。

例えば31弾完全編の時には聖フェニックスと7神帝が登場しましたが、
神帝は汎神との関連で出したと考えられます。
(単なる人気取りで選んだ気もしますが…)
ちなみにロココじゃなくフェニックスだったのは、途中から入れ替えるつもりが
その後セレクの発売が本格的に動き出したため変更されたという見方が強いです(爆)

32弾では関連キャラという傾向がさらに強くなりました。
まず1期2期で登場したのは照光子・神光子・烈神照光・大照光の4枚。
言うまでもなく光太子・光大子の関連キャラです。

3期からはアンドロココ・命水后・お救い観音・ヘルプさんの4枚。
ロココはスーパーDXシール、命水后はおめぐみ命水、
お救い観音とヘルプさんはそれぞれお救い聖母とめしやさんの関連キャラです。
(お助けさんじゃなかったのは、既にセレク1で登場していたため)

4期のB・Z・H、お救いクィーン・姿見水・魔党賊のうち
B・Z・Hはユピテルヘッド(双子星)関連。お救いクィーンは3期と同様で
姿見水はアンドロココ関連、魔党賊はアリババ(巨亀神獣)ですね。

そして5期、聖神ナディア・大帝ホエール・つゆたま・怪鬼党賊ですが
ナディアはゼウス関連、ホエールはお救いクィーンと6聖卵つながり、
つゆたまは姿見水同様アンドロココ、怪鬼党賊は魔党賊と同じです。
(6聖卵つながりというのも相当苦しいですが…)


前置きが長くなりましたが、これを踏まえて考えると
もし33弾が登場することがあるとすれば、そこに登場するBMForeverは
まだセレクでも登場していないキャラ
ということになります。
が、そのキャラは当然33弾本編ともつながりのあるキャラになるはず。

つまり、まだ復刻されてないキャラに関係のあるストーリー
33弾で描かれることになれば一石二鳥なわけですよ!

具体的に言うと、未復刻重要キャラをいくつか挙げてみますと
ワンダーマリア、魔肖ネロ、異聖メディア、ダークマター、などなど。
これらに関わりのあるキャラが33弾で登場する可能性が高いです!

…と言ったところで、こういう規則性を平然と無視するのもロッテの常套手段だし
そもそも33弾なんて…ふぅ(嘆息)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月11日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月12日

使用前使用後

「助プラ」未使用完品。

「助プラ」使用後。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月12日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月13日

新河パンゲ横断鉄道

次代「蒸気ボーイ」は後に天使「ビッグボーイ王」に変身・再登場しました。
 

ここで注目すべきことは「姿変わりすぎ!」というところじゃなく、
次代が天使に変わったことでもなく、
彼の居場所が新河系からパンゲラクシーに移動したところです。

蒸気ボーイ裏書では「新河系のスターエクスプレスとは俺っちモーション!」とあり、
ビッグボーイ王だと「土の大層マッドーチェの異変バンパイアも大変」と書かれていて
同一人物が新河系からパンゲのマッドーチェに移ったことが読み取れます。

何が不思議かというと、新河系とパンゲをつなぐルートは
日出づルートや異層空口などがあるものの、基本的には自由に行き来できそうにないからです。

おそらく蒸気ボーイはエズフィトとの戦いに参加していた最中に
マッドーチェから来たドリル船と遭遇し、こっそり飛び乗ったりして
ネイロスともどもパンゲに移動したのではないでしょうか。
だとすればこの話のつじつまも合うというものです。

まあ、そもそも本当に両世界の行き来が困難だったかどうかはわからないんですけどね。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月13日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日

赤そうなイメージだけど

今日のツッコミ。


赤外線って目に見えないはずですよ?


てゆーか、個人的には彼が背中に刀を差しているのは
「せきがいせんサスケというギャグだということに気づいたのが今回一番の収穫(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月14日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月15日

資料の対価

去年の今頃は国会図書館や国際子ども図書館で資料あさりをしてましたけど、
今年はめっきりそんなヒマもなく歯がゆい思いをしています。

ところで昨今のコロコロにはゴースト村の情報なんかもちょっとだけ載っていたようなのですが、
あまりにも低レベルな内容に呆れ果てて購入には至っていませんでした。
(内容はコンビニで立ち読みして知っていたので)
それだけのためにコロコロ1冊購入するのはちょっと割高すぎますよね…。

ですが、資料という点ではたとえどんなにくだらなくても手元に置いておきたいもの。
今になってそう思うのもどうかと思うのですが、次に国会図書館に行く機会があれば
そこらへんの資料も複写してきたいと思ってます。

ところで国会図書館でのカラー複写にかかる料金は、なんと1回210円(税込)
見開き(B4/A3)だけで210円かかるようでは、1回ページをめくるとそれだけで420円!
(ただし白黒だと24~48円)
そういえば去年はこれだけのために万札が何枚か飛びましたっけ…。

ちなみにコロコロは1冊480円

ぐ、ぐむ~!?

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月15日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月16日

50通以下?

なぜかまたゴースト村のファイルが届きました。

これって前回の続き?それとも11月締切分なのでしょうか?
ひとまず一度当たった人にもまたチャンスがあることはわかったので、
12月締切分もちゃんと送ろうと思います(笑)

ところで前回もそうでしたが、発送代行業者ファムコから届く封筒が
いわゆる「料金後納郵便」ではなく通常の切手で送られていることに気づいてますか?

この料金後納郵便。よく見かけますけど詳細はあまり知られてないんじゃないでしょうか。
これは一か月分の郵便料金を翌月に一括払いできるというシステムでして、
会社などでの経理業務や作業業務の効率化を目的としてよく利用されています。

ただし料金後納郵便を利用するには下記の条件があるそうです。

・郵便物を毎月50通以上出すこと
・事前に取扱郵便局長の承認を得ること
・郵便料金の概算額の2倍以上に相当する担保を提供すること

ここで思ったのですが、ゴースト村ファイルの発送は
毎月1500人に対して行われているはず…ですよね?

まさか50通に満たないなんてことは……まさか…ね?
当然ゴースト村以外にも発送業務はやってるでしょうけど…ねえ?(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月16日 00:00 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月17日

蘇るCD大全集

一度は発売中止になった音楽CD「ビックリマン大全集(3枚組)」がまた発売予定になったそうですね。

今度の発売予定日は2005年3月23日とのことで、ちょうどDVDBOXの発売とも時期が重なっていて
何やら便乗商法的なニオイのするところです(爆)

しかしただでさえDVDの出費が痛いのに、同時にCDまで出されてはファンは大変ですね。
かといって出てるうちに買わないと(もしくは予約しておかないと)
後からいつでも手に入るというものではないでしょうから厳しいことかと。
発売元からすれば同時発売で同時購入を狙ってのことでしょうけれど、
ここにきて税込4,725円の追加出費はかなり大きいんじゃないでしょうか?

しかし、こうなると前回のときに発売中止になったのは版権問題とかではなく
単に売れそうに無いから…という判断だったんですかね?

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月17日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月18日

勝手にBM10大ニュース!2004

今年も恒例の10大ニュースの時期がやってきました!
この時期はネタが浮くので助かります(苦笑)

ちなみに去年のベスト3は以下の通りです。

第3位:ビックリマン2000アートコレクション発売!
第2位:タキシードゼウス大騒動!
第1位:アニメ・旧ビックリマン再放送開始!

これらはもう去年の話だったのですね~。
と感慨にふけるまもなく、さっそく行きましょう。
カウント~ダウン!

<第10位>
週刊ヤングサンデーの読者投稿欄にBMキャラ登場
週刊ヤングサンデー30号の読者投稿欄に突如スーパーゼウスやネロ魔身など
ビックリマンキャラの絵が登場して驚かせました。

新おかシールの宣伝が目的だったようですが、あまりに低俗な扱いでファンを落胆させただけでした。


<第9位>
アートコレクション、波乱無く終了
昨年から発売されていたビックリマン2000アートコレクションが発売終了。
バージョン違いは1回だけでした。

結局PPって何だったんでしょうか…?


<第8位>
鈴鹿ホビーフェアにロッテ参加せず
毎年5月連休に行われている「コロコロホビーフェアIN鈴鹿」に今年はロッテ参戦せず。
これによりビックリマン2000発売以降続いていたロッテの公式イベント参加は全てなくなりました。

特に売るものも無いわけで、出ないのが当然といえばそれまでなのですが…。


<第7位>
ねとらん者第3弾登場!
グリーンハウスの絵師によるネットキャラカードに早くも第3弾が登場。
ひっそりと発売イベントも行われました。

しかしこれを最後にねとらんカードは休眠状態。
グリーンハウスの仕事としては「日本ブレイク工業」のCDオマケもありましたね。


<第6位>
「愛の戦士ヘッドロココ」復刊開始!
異色少女マンガとして知られる「愛戦」が何故か(?)復刊決定!

私は以前ブックオフで買って1回読んだきりなのですが、
他を差し置いてこれが復刊の先陣というのはよくわかりません…。


<第5位>
音楽CD「ビックリマン大全集」発売をめぐる波乱
一度は5月発売と言われていましたが延期、そして中止とのアナウンスが。
ですがまた来年3月に発売との情報も。果たして??

また中止になるのでは、とビクビクしてるファンも多いかも。


<第4位>
「どっきり新おかシール」発売!
昨年の「復活どっきりシール」に続き、今年もどっきり系が登場。
ビックリマンゴールドと銘打ち、新コンセプトで話題になりました。

と言っても実際のところはかなり微妙…?来年もあるのでしょうか。


さあ、しょぼいネタばかり続いてうんざりでしょうけど(爆)
いよいよきゅー太が独断と偏見と気まぐれで選んだベスト3の発表です!

<第3位>
アニメ「スーパービックリマン」再放送開始
「ビックリマン」「新ビックリマン」に続き東映BM3部作のトリを飾るSBMが放映開始。
昨今の新決戦ブームにも一役買うか?

順調に3部作が全て放映されるのは喜ばしい限りです。DVDもこの流れでリリースされるでしょうか?


<第2位>
「ゴースト村の何事件」発売!
シンクロX以来となるオリジナルキャラによるストーリー物が久々登場!
ファイルプレゼント企画もあって大いに期待されました。

…が、イマイチ受けがよくない中で西日本限定発売のまま発売地域拡大は望み薄…?


<第1位>
アニメ・ビックリマンDVDBOX1巻&2巻発売決定!
ファンが待ち望んだDVDでの発売がついに決定!
豪華特典も満載で今から3月が待ち遠しい?!


ということで去年に続いて今年もアニメネタが1位となりました。
実際、シールネタでこれを超えるほどの出来事は無かったですし…。

今年もネタを10個揃えるだけで大変だったのですけど、
来年こそはビッグな話題で大いに賑わいたいものですね。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月18日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月19日

すっぴん

今日の一発ネタ。


誰だ!?

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月19日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月20日

嵐の前の静けさ?

「ゴースト村の何事件」の情報が最初に流れてからもう5ヶ月になろうとしています。
いつもなら次回作の情報が出始めてもよさそうな時期だと思うのですが、
ゴースト村不振で次回作がまだ動けずにいるのか、
それとも徹底的に緘口令がひかれるほどのビッグプロジェクトが動いているのか?!

個人的には後者であってほしいところですが、
前者の可能性もかなり高い気がするのが何ともはや。

2005年は悪魔VS天使20周年なればこそ、つい期待してしまいますね~。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月20日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月21日

地に堕ちた9神士予備軍

元ロッテ投手の小川博氏強盗殺人の容疑で逮捕されたそうです。
ニュース記事はこちら

私がこの記事を取り上げるのは単にロッテというだけではございません。
この小川容疑者、現役で活躍したのはちょうど悪魔VS天使が売られていた1988年ごろ。
ちょうどオリオンズシールが作られた時期のレギュラー選手ということで、
ともすればシールになっていた可能性も高い人なのです。

てゆーか、当時デザインだけはされていたようで。

実はシールにこそなっていませんが、スーパーオリオンと9神士以外にも
伊良部や仁科、マドロックなど10人の選手がビックリマン風のイラストになっていて、
当時のグッズ等に描かれていた
のですよ。
小川容疑者もその一人だったというわけで。

もしシール化していたら何ていう名前になってたんでしょうね?

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月21日 00:00 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2004年12月22日

こっちの水は甘いぞ~

今日のツッコミ。

こんなのに騙される奴はいねえ。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月22日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月23日

NARI-KING

今日の一発ネタ。


アメリカ版「成りキング」


いつもなら没にするレベルのネタばかりですがご容赦ください(汗)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月23日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月24日

善なるものの御名

世間はクリスマスです。

例年なら実家で家族とケーキを食べている頃なのですが、
今年は働きづめでちょっと微妙な感じです。

ところで話が脱線しますが、2000の12弾シールに「マスターゴドブレス」というのがいます。

真天聖軍のボスである「聖祝宰ゴドブレス」が復活に失敗して力を失ったバージョンなのですが、
彼は何ゆえに「マスター」と呼ばれているんでしょう?

ここで私が思ったことは、マスターとは日本語で「主(ぬし・あるじ)」のことですが、
昨今のクリスマスに関連して、ふとキリスト教では神やイエスのことを「主」と呼んでることに気づきました。

ゴドブレスは超聖神が直接生み出した両属性具有の片割れであり、
それゆえ自らを神の子と考えている様子があります。

それになぞらえて「マスター」の名を付けられたのではないでしょうか?

ええ、我ながら今回も強引ですとも。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月24日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月25日

新サンタ登場!

自作シールの完全オリジナルではないアレンジ系で多いのは
既存キャラをコスプレさせる(衣装やシチュエーションを変化させる)ものですよね。
中でもサンタ系は真っ先に思い浮かぶところじゃないでしょうか。

サンタロココやらサンタマルコやらサンタマリアなんかは
既に多くの人がシールにしてて、ある意味で手垢の付いたジャンルかと。
モチーフに人気キャラを選ぶのは当然の流れだとは思いますけど、
ここであえてサンタカーンとか作る人っていないんでしょうか?
(私が知らないだけかもしれませんけど…)

そこでQ天銀河としては、他で誰も作らないようなサンタを提供します。
きゅー太がお届けするクリスマス系画像いじりはこちら!

サンタっていうか…ツリーですなこりゃ(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月25日 00:00 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月26日

ビハインドマン

これを書いているのは実は1月16日だったりする恐怖。

…半月以上も間が空いてしまいました。
それでも1日1ネタを信条としている以上、穴埋めはきっちりやらねば。
正直言ってネタの質は落ちてますが(これは今に始まったことじゃないけど)、
いつまでも放置するわけにもいかないのでぼちぼち埋めていくことにします。

それにしても、ここは日記じゃないので
日常の出来事を書き連ねてお茶を濁すわけにもいかないのが悩みの種。
日記ならば仮に何もない一日だったとしても、
「今日は特に何もありませんでした。てへっ。」
と言って流すこともアリだと思うのですけれど…。

てゆーか、ここを「日記」だと認識してる人ってどれくらいいます?
よく「日記読んでます」とか「日記がんばってくださいね」とか言われるのですけど
(ごめんなさい、誇張しました。そんな言葉かけられるのはごくごく稀です)
日記的なことを書くのはイベントに参加した時とか仕事の愚痴だったりとかで、
基本的には日付と内容に相関性は特に無い「コラム」のはずなのですが…。

世間的には「ブログ」の認知度が上がってきてることもあってか、
このスタイルを「日記」と捉える人は減少傾向にあるようですけど
この機にはっきり宣言いたします。

「きゅー太の一人BLOG」は日記ではございません!


と言った矢先、今回の冒頭が日記的な内容になっていたことに気づいてガックリ。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月26日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月27日

年賀状黙示録

いやー、今年ももう終わりですねえ。(棒読み)

年末年始の特番や年賀行事なんかが楽しみですねえ。(棒読み)

年賀状は何通ぐらい届くのかなあ。(棒読み)


…こんなことを書くから日記だと思われるんですよね。
てゆーか、この形式で日数をかせぐのは反則ですか?(爆)

そういえば、年賀状といえば例年「年賀状のデザインどうするか」が気になるところで、
この業界の知り合いに対してはビックリマンに関連のあるデザインを考えたりしますよね。
実は先日のアンケートでも、匿名の方から
「今年の年賀状柄予想(鳥キャラ)」というアイディアを頂いていたので、
コレを書いてるのは既に2005年ですが予想してみたいと思います。

まず鳥キャラと言って真っ先に思い浮かぶのは…

鳥…鳥……翼があって…くちばしもあって…と映像のイメージからたぐったところ、
私が思い浮かべたのは「魔ダック」でした(^^;

いや、普通ならフェニックスとか制空キングとかペルセ酉主とか聖スワンとか、
もっと素直なところを思い浮かべるとは思うのですけど…。
疲れてるのかな、私。

しかし、この発想をあっさりと取り下げるのは私の流儀に反するので
やってみましたよ、「魔ダック」で。


ネタになるのなら、私はそれでいいんです…。

ちなみに本当の年賀状はごく当たり障りの無い普通のデザインでしたとさ。
けど、このデザインで出してみてもよかったかな(爆)

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月27日 00:00 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月28日

真冬のオタク祭り

この日は…そうだ、コミケがあったんでしたっけ。(本格的に日記化)
と言っても私は行ってないのですが、聞くところによると今回の冬コミで
ビックリマン系のサークルはわずか6組しか参加できなかったそうで。
日数が3日から2日に減ったりして元々条件は厳しくなっていたらしいですけど、
従来に比べて大幅に減少したとのことです。
(前がどれくらいかってのを知らないのでまるで実感無いのですが)

何が言いたいかというと、2005年はDVDが出たり音楽集が出たりで
ファン的に大いにヒートアップしつつある時期だというのに、
それに水を差すかのような規模縮小。
こういう世間的な流れというのは非・同人系な私としても気になるわけですよ。
コレクターと同人は表裏一体。
片方が盛りあがればもう片方も無縁ではいられない存在ですから。

6組だけとは、寂しい光景だったんじゃないでしょうか。
それとも少ないながらも活況だったんですかね?

まあ正直どっちでもいいんですけどね(爆)
ぶっちゃけ、この程度の話で大勢に影響があるとは思えませんから。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月28日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月29日

灯台下暗し?

この日から年明け4日まで実家に帰省いたしました。
例年なら暇をもて余して12月半ばにはもう帰省してることが多いのですが、
今年は逆にギリギリまで働きづめだったせいでこんな有様です。
もっとも、世間的にはこれぐらいの休みが普通なのかもしれませんけど。

実家にはまだビックリマン系の資料とかがいくつか残してあるんですよね。
前に帰省したときには「ナビゲーションズ」の空き箱を発掘したものですが、
今はまだプラモとか雑誌資料とかが残ってるはず。
基本的に我が家ではそのあたりのアイテムが無断で処分されることは無いので、
腐ったりしてなければ多分大丈夫なはずです(笑)

かつて上京した際には必要最低限なモノだけ持ち出したつもりでしたが、
あれよあれよという間に大部分はこっちに持ち出し終えましたね。
もっとも、2000以降に発売されたシールやグッズが多い上に
ヤフオクなどで落札したブツが多量にあるため、
実家にいた頃よりも荷物の総量は数倍になってるわけですが(爆)

シールはアルバムなどに入れるとしても、グッズ類の管理ってみんなどうやってるんでしょ?

てゆーか、結局今回は慌しくて何も持って帰ってこれませんでしたよ。ショボン。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月29日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月30日

12月の悪寒(仮)

恒例の月末放談も年末だけは一日繰り上がり。
このパターンも毎年のことですが、まさか年明け16日に書こうとは誰が予想したであろうか。
(いや、ない(反語))

ところで、今月は何かありましたっけ?

私とにかく忙しくてヤフオクすら満足に見てまわれない始末なので
世間で何があったのかなんていちいち気にしてられなかったのですよ。
せいぜい「ゴースト村」ファイルの最終締切にハガキを書くのが精一杯で(笑)

ああ、そういえば音楽CD「ビックリマン大全集」の発売がまた決まったんでしたっけ。
私も音楽関係のグッズはほとんど持ってないので購入を検討したいですね。
(買ってもほとんど聴かない可能性が高いですが…)
さらには「愛の戦士ヘッドロココ」も復刊開始したんでしたっけ。
こっちはもう販売されてるのに何の対応もしてないなあ。どうしよう…?
ほっといたらそのうちBOOK-OFFに並ぶかな?(爆)
(いや、さすがに並ばないだろうなあ)
そういやDVDも結局まだ予約してないや。そろそろどこの通販にするか決めないとヤバいかも。

ともあれ、やはりシール方面で動きがないと盛り上がれませんね。
この際ゴースト村2弾でもいいから何かアクションを期待したいものです。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月30日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月31日

2004年の総決算

いやー、2004年はシールコレクターにとってはハズレの年でしたね。

去年からのアートコレクションに始まり、新おかシールゴースト村
どれも数箱程度購入しただけであっさりと終了してしまいました。
アートのハッピーシールを除けば、これらの収集に費やした時間なんて
本当にごく短い期間でしたから、とても実感がありませんよ。

バージョン違いを乱発されても困るのであんまり適当な発言もできませんけど、
もう少しなんとかならないものでしょうかね…?

2005年、もう一度ぐらいあの当時の楽しさが戻ってくるといいな。

投稿者: きゅー太 日時: 2004年12月31日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

Copyright (C)きゅー太の一人BLOG.