2005年02月 アーカイブ

2005年02月01日

三葉精のおなかの足

唐突ですが今回のアンケートネタはこちら。

『22弾次代の三葉精、おなかについている足は誰のでしょう?
ついでに裏書きの天使は、くじら大帝とも大帝ホエールとも微妙に違う天使で
おまけに、他の裏書き天使はぼわぼわした線なのに
この天使だけくっきりした線。
彼は誰でしょう??』

匿名の方からいただきました。なんかQ&Aコーナー化してる気もしますが、
さっそくこれ行ってみよ~!

まず「おなかについている足は誰のでしょう?」というところから。

 


これについてなのですが…。


知りません。


…これじゃ話が進まないんですが、だってさっぱりわかりませんもの。
ひとまず22弾以前のキャラでこんな足をしてるキャラを探してみたのですが、
この金属で出来たような具足をつけてるキャラはあいにく見当たりません。

唯一「これかなあ?」と思ったのが…。




聖Iアリババ。

もし三葉精のこの“足”がアリババの持ち物だったなら、
虹層球で消滅した際に聖ボット化していたこの足が遺品として発見され、
形見として彼の子孫に受け継がれていたとしても不思議じゃありません。

そんなわけで衝撃の新事実!
  三葉精はアリババの子孫だった!


しかしこの展開はあまりにもあまりな話だし、ペガ・アリババ(これも22弾)とかぶります。
そのため急遽設定変更が行われたのではないでしょうか?

そのとき裏面のイラストをアリババから「海関係の他の天使」に書き換えられたとしたら…。
しかも資料を探すヒマもなくて「くじら大帝ってこんなんだったよな?」
うろ覚えで描かれていたのだとしたら…。

他の22弾次代の裏面とイラストのタッチが違うのもうなづけるような。

まあこの説の重要な落とし穴は、アリババと三葉精に何の接点も無いってことで
いくらなんでも脈絡無さ過ぎってことでしょうか。
でもそれを言っちゃ他の次代も、サイキュロス以外はルーツと似てなさすぎなのですが(爆)

ふむー、自分の不完全な推論を「設定変更があった」でまとめるのは控えよう(--;

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月01日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月02日

あっぱれコラボレーション

寒い日が続きます。

気が付けばあっぱれ大将軍の朝廷シールが勝手に変化してて怖い時期です(笑)
スキャナなどで変身後の画像を撮るには絶好の季節なのですけど、
特にそんな必要も無いし暇も無いのでこのまま春を迎えそうです。

さてあっぱれ大将軍といえばmomoさんよりあっぱれ大将軍関係のネタをいただいていました。
文面はネタバレになるので割愛します。
さっそく行ってみよ~!

あっぱれ大将軍といえば悪魔VS天使シリーズと同時期に発売されたシリーズで、
反後博士がプロデュースした作品としても知られています。
5弾まで出てまして、バージョン違いを除くと全202種。
ヘッドに相当する特別キャラは最終弾にのみ2種存在しています。

最終5弾ではいよいよ幕府と朝廷が「関がっ原」で大激突する直前という場面で、
この頃になるとからくり軍団、先祖の霊、神様仏様まで登場していて大混戦。
そんな中、幕府側に味方している仏様の一人に「幻行仏」というのがいます。
(仏教界は幕府側、神道界は朝廷側なのです)

注目すべきはこの「幻行仏」のふんどし部分
これを温めると…。


 
拡大すると…。
 

 
 
なんと、見覚えのあるお顔が出現!

シール裏書では「紀元前能神」と称されていますが
どう見てもスーパーゼウスそのものですよね。
同じメーカーで同じ担当者が手がけたシリーズだからこそ実現したのでしょう。

実はこれに対抗して、朝廷側の神様キャラ「いざ凪像」にはスーパーデビルが…
って、んなわきゃあない(爆)

それにしても、何ゆえにふんどし…??

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月02日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月03日

福陽気妃の職務放棄

今日は節分です。
昔はお寺でもらった大豆を実際にまいたり食べたりしたものですが、
一人暮らしするようになってからはとんとご無沙汰な行事です。
いや、節分に限らず七夕もクリスマスもハロウィンも一人でやって面白いものじゃないですな。

それはさておき、「鬼は外・福は内」で思い出したのですけど
「オニワトリ」が豆を投げつけてるのはこれのダジャレなんですよね。
(って何を今更^^;)
オニワトリは「お庭番」もかけているので忍者スタイルなのですが
2000並みにコテコテ路線のキャラってのは実は珍しいかも?

でもって2000といえば、「福」でおなじみ「福陽気妃」を連想しますねー。
(吉福なんたらなんて知りません(爆))
最初は一般の天使として登場していながら、途中で「超聖神の使者」であることが判明。
アニメを乗っ取って「福陽気妃2000」を丸々30分放送したこともあったかと思えば、
後に照星魂(ブライトソウル)の持ち主であることがわかり、最終的には大福太陽に変化してしまう
波乱万丈…というか、わけのわからないキャラクターでした。(爆)

ところで超聖神の使者と言われている割には、超聖神との接点が描かれたことって無いですよね。
ここで言う超聖神とはアツィルト・フェニックスらのことですけど、
あの4人が何を考えて超ノーテンキな福ちゃんを使者に選んだのか…。
崇命界王ミラー寿に仕えているという「グリニッジ神官」はちゃんと五造大神との対話もあったのに、
(いつの間にかミラー寿以外の他の五造大神の世話役になってしまってましたが)
神々が表舞台に出てきた頃には福陽気妃は太陽としてぷかぷか浮かんでいるばかり。

…もしかして、福陽気妃が任務を放棄したせいでグリニッジ神官にとばっちりが…?!

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月03日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月04日

3あんぐり

今日のツッコミ。


 
 
「スネベ魔V(バトル)」


「バトル」ならイニシャルは「B」では…?

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月04日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月05日

最後まで1/4500

そういえば先日、ゴースト村シールホルダーの最終便(と思われるもの)が届きました。

今回も前回まで同様に「送れば必ず1つはもらえる」という状態のようで、
最も効率よく狙うならチョコ3個買って応募すればホルダー3冊がもらえるという結果でした。

4500人…。
そんなに応募が少なかったのかこっそり増産していたのかわかりませんけど
盛り上がりに欠けまくったこのキャンペーンもこれで幕を閉じました。
「ゴースト村の何事件」、少なくとも第1弾は「完」ですかね。

けど2弾があるなら早いうちに出さないと間を空けるだけ不利になるはずですが、
そういう動きは全く伝え聞こえてはきませんね…。
今回一発企画として終わってしまう感じがひしひしと伝わってきます。

でも、こういう抽プレのキャンペーンは今後も続けてほしいですよね。
シールホルダーとしてのデキもいいですし、ハッピーシール制度と違って
必ずもらえると保障されているわけではない分緊張感もありますし、
ハッピーシール自体が無闇に高レート化するようなこともありませんし。

とは言え、最初の応募分が全プレ状態だとわかった時点で緊張感なんて消し飛びましたし
仮にまばらにしか当たらなかったとしてもオークション価格が上がる程度で、
市場人気は大して変化しないだろうとも思うのですけれど…。
実際、西日本でしか出てないのに「全国発売はまだか」という声がちっとも聞こえません。
ほとほと期待されてないシリーズなんだなあと思う今日この頃です。

終始「なんだかなー」という感じのまま過ぎ去った「ゴースト村の何事件」。
今頃西日本のコンビニやスーパーのあちこちで不良債権化してるんでしょうねえ…。

もっとも、10年後には今の「超念写シール」がそうであるように
一部のマニア相手にプレミア化してるかもしれませんけどね(^^;

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月05日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月06日

Do Video Do!

アニメDVDBOXの発売がだいぶ近づいてきてますが、皆様予約は済ませましたか?
私も先日やっと予約してきました。そろそろ予約を締め切る通販サイトも多そうですね。

ところで、去年末から日曜朝の仮面ライダーの放送枠にてこのDVDのCMが流れていると聞いたのですが、
あいにく私はまだ一度も見ることができていません…。

今年になって何度かビデオで録画を試みたのですが、運悪く一度も遭遇できず。
早送りしてるとはいえ、特に見たくもない番組を延々と眺めるだけで終わるのは少々苦痛です(爆)

多分一度見たら「ふーん」で終わるような感じなんだろうと思うものの、
その「一度」が見れないと無性に気になってしまうもの。

発売までにせめてあと1回ぐらいは放送してくれませんかねえ…?

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月06日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月07日

東西南北喜娯寿

17弾以降でヘッドが12種ずつになったことを受けて、
それまででは到底ヘッドとしてありえなかったようなザコヘッド
次々登場してしまいました。
ここでいうザコヘッドとは、ストーリーの展開上いてもいなくても同じな
きわめて存在感の薄いヘッドを指しています。
16弾以前では古聖長ヘブダヤなどもザコヘッドですかね(爆)

そんな中、いかにも頭数あわせで登場したっぽいのが18弾パート2ヘッド
吉福ボット7体といい創聖童鬼といい、あえて登場した意味が薄いヘッドです。
この弾はマリア・ショウさえ出せれば他は不要だったのでは…?

ところでその吉福ボット
名前の付け方がイマイチよくわかりません。
どうせなら本来の七福神にあやかった名前にすればいいと思うのですが、
「吉福TOU」「吉福SAI」「吉福NAN」「吉福BOKU」「東西南北」が由来。
何でここで方角が出てくるのでしょうか…。

残る「吉福KI」「喜」「吉福GO」「娯」「吉福JU」「寿」でしょうか?
この取り合わせもなんだかしっくりしません…。
けど他に適当なのが思いつかないんですよね。

そういえば彼らが降り立ったという久遠エリアの部分名も謎が多いです。
これは3年前にも考察したのですが、ここでも方角が出てくるとなると
何か意味を持たせていた可能性もありますよね。

反後博士の真意は一体どこに??

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月07日 00:00 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年02月08日

格下げヒーロー

オリオンズ・ヒーローシールはヘッドであるスーパーオリオン以外にも
天使・お守り・悪魔に相当するキャラが3人ずつで計10種
パート違いがあるのでトータルでは20種存在しています。

ところでこの3すくみ的なシール、天使っぽくデザインされたシールは銀紙素材で
お守りっぽいのは透明素材、悪魔っぽいのはミラーコートなのですが
一部でこの法則に当てはまっていないキャラがいるのはご存知でしょうか?

例えばこの「豪打球神」

見た感じ天使っぽいロゴデザインなのに、素材は何故かミラーコート
他の「まさかり大明神」「フォーク守神」はちゃんと天使ロゴで天使素材なのに
豪打球神だけ悪魔素材ってのはどういう理由なんでしょう…。

同じように「荘快投球王」はお守りロゴなのに天使素材ですし、
「水上業師」は悪魔ロゴなのにお守り素材というちぐはぐさ。
わざとそうした理由も見当たらないのですが、わけがわかりません。

そのせいか、P2ではこのちぐはぐな違いは無くなっているようです。

…あれ?素材が天使になったのでなく、ロゴが悪魔になっちゃいました。
ついでに「水上業師」はお守りロゴに、「荘快投球王」は天使ロゴに変更。
P1のときのデザインが間違いだったってことなのでしょうか?

しかしこの格付けってどういう基準で決められたんでしょう。
選手も「げ、俺悪魔かよ!」というように複雑な心境だったのでは?(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月08日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月09日

愛すべきガイドキャラの世界

悪魔VS天使以前のレトロシリーズでは、裏面にガイド役とも言うべき
共通のキャラクターが描かれていることがありました。

その先駆けとなったのは「ウッシッシール」の裏面に登場していたこのおじさん。

シルクハットをかぶったユーモラスな顔のおじさんが全てのシール裏に登場しています。
パッケージにも描かれていたみたいです。

そして後半弾のシールではメインでも登場!

ガイドキャラは数多くあれどシール表に登場したのはウッシッシマンぐらいでは?

ちなみにパッケージに登場、というだけだと「どっきりシール」のこの人が最初でしょうけど
この人はシールには登場してませんから今回はスルーします(^^;


↑この人

次に、「ジョーダンシール」でも怪しい風貌のおじさんが登場。

口癖は「ナーンチャッテ」。ちょっとムカッ腹が立つ小憎らしいおじさんです(爆)

途中から大きなイラストでも登場。

その後まじゃりんこシリーズではこういうキャラは登場しなかったのですが、
「ギャグポスターシール」にて復活!

どこかウッシッシおじさんにも似てますね(笑)
てゆーかこの帽子とマントだと「どろろんえん魔くん」を連想してしまいます。(古い…)

それからしばらくの間は悪魔VS天使になってガイドキャラも当然不在のままなのですが、
その後「運の王様」で数年ぶりに復活?!

 

この「寿庵」はコミックボンボン誌上など、割とあちこちで顔を出してましたね。


そういえば「超念写探偵団」の「念写一発くん」てのもいました。
彼もたまにシール表面に登場してましたっけ。

 

それ以降はこういうガイドキャラは登場していません…。
彼らが次に登場するのはいつのことでしょうか?

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月09日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月10日

凹助崩壊

今日の一発ネタ。


 
 
 

もう一丁!
 
 
 
 



てゆーか、皆さんこのキャラ覚えてました?

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月10日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月11日

3すくみロゴカラー解析

今回は心休丸さんから頂いたアイディアです。
 
『ヘッドのロゴカラーについては話題にのぼりますが、3すくみのロゴカラーについては
あまり出ませんよね?これ、どうでしょう?
例えば、天使悪魔について、名前に水色を使っているのってほんのわずかですよね。
結構いい感じなのに。 天使の緑帯は11弾で初登場以来レギュラー化してますし。
意味のない無駄知識・・・トリビアって感じの話題でしかないですが。』

これ行ってみよ~!
 
 
3すくみのロゴカラー。
言われてみれば赤帯や黄色帯に比べて緑帯は少ない気がしますね。
本格的に調べてみたら面白いことになるかも?

というわけで、調べてみました。
対象は1弾から31弾、31弾完全編、32弾を含めた378×3種です。

まず天使ロゴについて。

合計
文字  
枚数 38 27 3 37 43 1 37 34 1 38 41 27 11 4 342

最も多かった組み合わせは「青帯+黄文字」でした。
逆に最も少なかった組み合わせは「青帯+橙文字」「桃帯+青文字」
これはそれぞれ25弾の「ささいの塞翁」および「三考無言士」だけでした。

他にも25弾は何故かレアな色の組み合わせが多いです。
ちなみに26弾は帯色なし、28弾・29弾は文字色なしということで除外しています。


続いてお守り

文字 黄緑 合計
枚数 78 73 70 74 68 9 6 378

お守り(次代・お助け含む)は文字色だけの分類となりますが、
橙と黄緑以外はほぼ横一線という感じですね。

橙は1弾で登場したもののそれ以降は長く使われてなかったのですが、
22弾のサイキュロスでまた使われて少しずつ票を稼いでいます。
黄緑は28弾以降で明確に普通の緑と区別できるようになったのですが、
もしかしたらそれ以前からもひっそりと使い分けられていたのかも…?


そして悪魔

合計
文字  
枚数 1 10 31 6 60 30 3 46 25 43 44 2 1 44 25 7 378

悪魔も色のバリエーションが多いのですが、最も多いのは「青帯+白文字」
ここでも青が幅を利かせてますね。

最も少ないのは「黄帯+白文字」「赤帯+青文字」でした。
確かにあまり見かけない取り合わせじゃないでしょうか?
これはそれぞれ「魔魚」「魔黒星」でした。
ちなみに次点の「赤帯+橙文字」は1弾の「鈍魔」「男魔ザンゲ」
それ以降は一度も使われていないってのも面白いです。

悪魔シールの場合、背景の色も合わせるともっと複雑な統計になりそう。
例えば「背景が紫なのは「しのび魔」だけ」みたいな感じで…(^^;
 
 
データを取ってみて思ったのは、ほとんどの弾で満遍なく散らばっているということで
どの弾もどれかの色に偏ってはいないようです。
ただ、赤と桃は似てるから青よりも赤系が多いように思われがちかもしれません。

結局のところ特に色に意味を持たせたりはしていないということでしょうから、
どのキャラをどの色にするかはキャラの配色にあわせて適当に割り振ってるだけなんでしょうね(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月11日 00:00 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年02月12日

BLOG1周年、そして…。

さてさて、2月12日です。

去年の2月13日に「一人BLOG」を立ち上げてから丸1年になります。
ネタが無い無いと言いつつ、この1年もどうにか続けてこれました。
とは言えいろんな意味でかなり苦しい状態だったのも事実ですが…。

例年は1年ごとに場所を替えて心機一転再スタートを切っていましたけど、
今回は移転の予定はありません。
その代わり、きゅー太の一人BLOGは先日予告した通り「不定期更新」に変更させていただきます。

これまでも更新は決して定期的ではなく、一週間分や二週間分をまとめて更新することが大半でしたが
ここで言う不定期更新とはそういう意味じゃなく、手っ取り早く言うならば
「空いた分を後から埋めることはしない」
ということです。

つまり1週間更新しなかったとしても、その7回分のネタを後から追加することはしません。
これまでうわべの形だけは「毎日更新」っぽくやってきましたけど、
この機会にそれをやめます。

これからは気が向いたとき、暇が出来たとき、言いたいことがあったときなどに
その分だけを更新するという形式に移行します。
いわゆる「ブログ」としてはその方が自然なスタイルなのかもしれませんけれど(笑)

いっそスッパリやめちゃったほうが気が楽になるとも思いましたけど、
完全に発言の場を取り払うのは私自身まだまだ未練がありますから(爆)
隠居するにはまだ早いですし…(^^;

そんなわけで、ぼちぼち続けていくつもりはありますので
今後もよろしくお願いいたします。

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月12日 21:26 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月19日

偉大なる終焉

少々古い話題ですが、第132回芥川賞の受賞作は「グランド・フィナーレ」(阿部和重・著)だそうです。
最近本屋での扱いも大きいので、「おや?」と思った方も多いんじゃないですか?

グランドフィナーレといえばビックリマン2000の最終12弾に付けられたタイトルで、
ロッテも商標登録までしちゃってたりします。(もちろん食品として、ですが)
一回こっきりの商品に対してそこまでする必要性がよくわからないのですが…。

で、今回の小説はそれとは何の関係も無いようで(そりゃそうだ)
私も小説のほうを読んだわけでもないのでこの話題はこれ以上膨らみそうにありません(爆)

それにしても、コンビニでは超元祖・BM2000・セレクを別商品として認識してない人も多かったようで、
そんなわけで「完全編」「グランドフィナーレ」「最終決戦」が続いた頃は
これから悪魔VS天使シリーズの更なる新商品が出てくることが可能なのか
結構不安だったものですが…。

あれから時間もたったことですし、そろそろ大丈夫ですかね?(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月19日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月20日

なにわ交換道

今日は大阪で行われたオンリーイベントに参加してきましたー。

大阪のイベントに行くのは実に3年ぶりぐらいですかねえ。
去年は直前まで行く気はあったのですが、当日急に気が向かなくなって断念した記憶が(笑)
忙しさは増してるはずなんですが、最近の私は何故かオンリーの出席率高いっすよ(^^;

ですけど、何というか知らない人が多くて少々退屈でした。
まだ大阪に住んでいた頃はもっといろいろ知人がいたような気がするし、
BSF(ビックリマンサイトフェア)の頃もそれなりに知り合いが多くいたはずなのですが…。

シール交換もちっとも成立しませんし(てゆーか全体的に活気が少なかった)、
2000やセレク以外はガムラとかばっかりなので、私はほとんど蚊帳の外。
一応はビックリマンのイベントだろー!と心の中で叫んだりしてました(笑)

まあ親しい知人らとも歓談できたし、それなりに楽しんではきましたけど。
大半が大阪じゃなくても会えそうな人ばかりだったのがナンとも(爆)
帰りにウワサの「スーパー渡」氏の顔でも拝むべく「まんだらけなんば店」に行こうかとも思ったのですが、
なんだかめんどくさくなったのでやめました(爆)

ところで、このイベントは言うまでも無く「同人誌即売会」ですから
本を売ることが本筋なわけですが(最近は自作シール販売も主流になりつつありますけど)
私も何か本を出せば売れますでしょうか?

もし出すとなるとこの一人舞台シリーズの総集編みたいなものになるでしょうね。
反響のあったネタを中心にピックアップして適度に読みやすく手直しして、
解説や書き下ろしネタも入れて一冊の本にまとめる、と。
ネットしてない人はもとより、ネットしてるけどいちいち読み返すのは面倒という人にも
書籍という形で提供すれば喜ばれるかもしれない、とか思ったり。

いや、そんな予定もヒマも全く無いんですが(爆)
その時間があるなら先にWebのほうを充実させなくちゃ…。
てゆーか、同人誌作りってそんな片手間に出来るようなもんじゃないですよね(^^;

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月20日 23:59 | | コメント (3) | トラックバック (0)

なにわ交換道

今日は大阪で行われたオンリーイベントに参加してきましたー。

大阪のイベントに行くのは実に3年ぶりぐらいですかねえ。
去年は直前まで行く気はあったのですが、当日急に気が向かなくなって断念した記憶が(笑)
忙しさは増してるはずなんですが、最近の私は何故かオンリーの出席率高いっすよ(^^;

ですけど、何というか知らない人が多くて少々退屈でした。
まだ大阪に住んでいた頃はもっといろいろ知人がいたような気がするし、
BSF(ビックリマンサイトフェア)の頃もそれなりに知り合いが多くいたはずなのですが…。

シール交換もちっとも成立しませんし(てゆーか全体的に活気が少なかった)、
2000やセレク以外はガムラとかばっかりなので、私はほとんど蚊帳の外。
一応はビックリマンのイベントだろー!と心の中で叫んだりしてました(笑)

まあ親しい知人らとも歓談できたし、それなりに楽しんではきましたけど。
大半が大阪じゃなくても会えそうな人ばかりだったのがナンとも(爆)
帰りにウワサの「スーパー渡」氏の顔でも拝むべく「まんだらけなんば店」に行こうかとも思ったのですが、
なんだかめんどくさくなったのでやめました(爆)

ところで、このイベントは言うまでも無く「同人誌即売会」ですから
本を売ることが本筋なわけですが(最近は自作シール販売も主流になりつつありますけど)
私も何か本を出せば売れますでしょうか?

もし出すとなるとこの一人舞台シリーズの総集編みたいなものになるでしょうね。
反響のあったネタを中心にピックアップして適度に読みやすく手直しして、
解説や書き下ろしネタも入れて一冊の本にまとめる、と。
ネットしてない人はもとより、ネットしてるけどいちいち読み返すのは面倒という人にも
書籍という形で提供すれば喜ばれるかもしれない、とか思ったり。

いや、そんな予定もヒマも全く無いんですが(爆)
その時間があるなら先にWebのほうを充実させなくちゃ…。
てゆーか、同人誌作りってそんな片手間に出来るようなもんじゃないですよね(^^;

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月20日 23:59 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月21日

漢字・カタカナ

バカラ&ゲンカクファン必見!



これは私のケータイ。
注目すべきはこの部分です!


漢カ(オトコヂカラ)!

うーむ、集中豪無編を読んでない人にはさっぱり不明なネタでしょうね。

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月21日 00:04 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月25日

プレミアミステリー

ちまたで割とレアだと言われているようなシールっていろいろありますよね。
パッと思いつくところだとブラックゼウスとかアイス版12弾ヘッドとか福袋版とか。

確かにこれらはそうそう持ってる人もいるわけではないと思うのですけれど、
ネットオークションなどではいつ見ても何品かは出品されてません?
つまり、これらのレアシールがそれだけ数多く存在しているってことですよね。

仮に毎週1回福袋版が出品・落札されているとすると
単純に一年で52枚の福袋版が売り買いされていることになり、
福袋版所有者がそれに近いペースで増えていることになります。

ですが、身の回りを見回してもそんなに所有してる人が多いようには思えないんですが…。
てゆーか、コレクター自体が減少し続けている昨今でもある程度の相場を維持しながら
頻繁に売り買いが成立し続けているというのも不思議に思えてきます。

まさか同じ人たちが順繰りに売り買いし続けてるわけでもないでしょうが、
これらのシールは一体どこから来てどこへ消えていくんでしょうか?

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月25日 23:25 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年02月28日

2月のできごと

はい、何かと寒さ厳しい2月でした。
気候的にも、ビックリマン的にも(爆)

このブログとしては、一年目を区切りにだらけモードに切り替わってしまい
ネタ数激減(けどヒマは増えない)というなんとも苦しい状況です。
皆様からいただいたネタ案も、じっくり取り組む必要のある小難しいものが多くて困ってしまうのですが(爆)
それでもおかげでかなり助かっております。m(_ _)m

てゆーか、肝心のアンケート結果発表がのびのびになってますね…。
現在ちびちびとまとめてはいて、どうにか半分ぐらいは終わったのですが
完成にはまだ時間がかかりそうなところです。ぐむう。

ビックリマン関連の出来事としては、ゴースト村のシールホルダーが届いたぐらいで
公式な動きは今月も特に見えないままでした。
ソージさんとか今頃何してんですかねえ?(^^;

3月も相変わらず忙しい模様。
仕事が無いよりずっといい、と人は言いますけど…物には限度っちゅーものが(爆)
休日出勤の代休も取得できないままたまっていく一方。
このままうやむやになりそうでコワイ…。

投稿者: きゅー太 日時: 2005年02月28日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

Copyright (C)きゅー太の一人BLOG.