2007年06月 アーカイブ

2007年06月01日

Web拍手(5/24~6/1)

前回、「特定の人が10回ずつ拍手してくれてるのでは」と書いた途端
総数がガクッと下がりました(^^;
でもまあ、これが本来の姿なんですよね。
無理にカウントアップを狙うようなこともしませんけど、
皆さんの意見が伝わる仕組みとして機能していけばいいと思います。

いつも拍手ボタン押していただいてる方々に感謝しつつ、カウント数一覧から。

5/24 21
5/25 10
5/26 30
5/27 19
5/28 26
5/29 6
5/30 0
5/31 5
6/1 10

では、以下個別レスです。

まず、前回レスし忘れてしまってたコメントから…。

5/19 10:11 29話あらすじお疲れ様でした!キャプも説明も多くて大変でしたね!
5/19 17:59 29話あらすじ、すごく読み応えがありました!

物語自体が白熱の展開だっただけに、反響も高かったようですね(^^)
温泉編はもうちょっと気楽にいけるかと思ったのですが、ミニコーナーが多くて手こずってます。

5/19 18:01 Q太さんのお気に入りのキャラは誰ですか?

ハピラキに関しては、全体の流れは面白くて好きですけど
特に思い入れのあるキャラは無いですね…。

5/29 21:40 ただ放送を見てるだけだと気付かなかった事もこちらのあらすじで気付くことができます。

なるほど、私も他の人のレビューを読んで初めて気付くこともあるので、それはわかりますよ。
最近は旧世代向けの小ネタなんかも多いですね。

6/1 0:30 プロ野球カードをコレクションしてる自分は「07シリーズ」が夢の様ですが興味は薄いですか?

うーん、基本的にプロ野球は全然関心が無いもので~。
夜中に見るものがなくてプロ野球ニュース垂れ流しにするぐらいでしょうか(笑)


そんなこんなで、また来週~。

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月01日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月03日

M(まとば)-1グランプリ開催!?

ハピラキ31話は前回に引き続きギャグ満載の温泉編!

もともと母性本能をくすぐるタイプの聖フェニックスが、
病床に伏せたことでフェロモンが数十倍に強化されているそうな。
(どんな理屈だ)

そんなわけでニッコリー村の女性陣がフェニックスの宿屋に殺到!
この「空前のフェニ様ブーム」に対し、ゲンキとジェロはどうする??

押し寄せるおば様連中を追い返すべく、ジェロは力士ロボ・かんぺっ機48号を投入。

数々の相撲技で強引におばさんたちを攻撃!
しかし逆におばさんたちの反感を買い、猛烈な逆襲に遭って
かんぺっ機48号は「引退でごんす」と言い残しあえなく撃沈

そんな怒れるおばさんたちに、ゲンキが繰り出したのはビックリシタナー猛風!


「静かになりましたね」
「空前のフェニ様ブームも終わりだ!」

…って、罪の無い一般女性を力技で追っ払うなんて…。
お子様とはいえ、正義のヒーローにあるまじき行為です。
フェニックスも気付いてないのか全くお咎めなし。

せっかく静かになったのに、フェニックスは全然快方に向かわず。
ちっとも笑顔を見せないフェニ様を見て不安になるジェロとゲンキ。
「なんとかフェニ様を笑わせなければ…」

そんなとき、宿屋のロビーのテレビでやってたWアルミ之助のどつき漫才を見たジェロ。

「これですよゲンキくん!フェニ様を笑わせるには、漫才しかありません!」

大変だ!ジェロが壊れた!!(爆)

さて場面は変わり、ここにまだフェニ様ブームを引きずっているオバサンが一人。

「あーん、フェニ様~」とすっかり骨抜きにされてるネロクィーンお姉たま。
お供の二人はいい迷惑です。
(特に最近のウルフライの振り回されっぷりは相当なもんでやんす)

ついには幻覚で二人の顔がフェニックスに見えてしまったお姉たま

そして恐れをなして逃げ出す二人と、必死に追うネロクィーン。
何なんだこの展開(苦笑)

一方、村のジュース自販機の前にはこの人が。


まだいたのかコイツ(笑)
「喉がかわいたヒー。どうれ、小銭でも拾うかヒー」
そういって自販機の下を探るシヴァヘラ。貧乏臭い…。

すると、何故かそこで前回砕かれた「ネロ魔身の魂」の残骸を発見!

ここぞとばかりに再び「蘇れ、未来の悪魔よー!」とエネルギーを注がれ、
今度は魔肖ネロとして復活!

色が旧アニメと違うのは、魂だけの復活だからでしょうか。
一度砕かれた魂の残骸にもかかわらず、前よりも完全な姿なのはどうして?
つーか色々とツッコミどころが多すぎるんですけど。

とりあえず、「フェニ様を笑わせろ!その2」へ続く!

さて、先週に引き続き小説家センセイの出番です。

フェニックスのために美しい純愛小説を書こうと励む十字架天使。
選んだ題材は、何故か学園小説!

とある学校の屋上で寄り添う二人。


「ヤマトくん…」
「十字架さん…」

学園モノの純愛小説のくせに、いきなりキスしようとし始める二人(笑)

しかしそこに、屋上の金網の外から声が。
「おまえたちー、何してんのー?」とクレヨンしんちゃん風に声をかける男ジャック!

あわてて逃げ出した二人は体育倉庫の中へ。
しかしそこでは跳び箱の中からアリババ「おまえたちー、何してんのー?」と妨害。
(アリババはやっぱり下半身ウマのまんまなのでしょうか)

校庭では、木の上からフッド「おまえたちー(以下略)」
音楽室では、ピアノの中からピーター「お(略)」

どこに行っても必ず妨害が入る…という展開に

「だめですのー!!」と原稿用紙を引き裂く小説家センセイ。

「これじゃ純愛小説になりませんのー!」て、そもそもこれ純愛??

続いてのコーナーは

…何故シアントラス

カメさん、はじめての高飛び込みにチャレンジ!

温水プールにて、果敢に飛び込むカメ。

しかし天井に頭をぶつけ、墜落して溺れたところを「捨てガメ」と間違われて外へ。

すると今度は行商人にすっぽんと間違われ、クーラーボックスの中へ…。

それを見つめるシアントラス。
「…うまく逃げるでごわす」って本当に意味不明でごわす。

さてさてお待ちかね「フェニ様を笑わせろ」その2!

外で漫才の練習をしているゲンキとジェロ。

「いいかげんにしなさい!」
 「いいかげんにしない!」
「いいかげんにしないと怒るでー」
 「いいかげんにしないー!」

これ、二人ともツッコミなんでしょうか(笑)

そこへネロクィーンから逃げてるウルフライとヘルリストが!

色ボケネロクィーン、今度はゲンキとジェロもフェニ様に見えてしまったようで
「フェニ様のカルテット!うれすぃ~!!」

ああ、なんだかもういろいろと救いがありません。

そんな収拾つかない場面に、さらに空気を読まない男が飛来。
「聖フェニックスを奪いに来たネロー!」

…昔もこんな語尾付いてましたっけ??
尻尾も生えてるし、シヴァヘラのイメージが反映されてるのでしょうか。

「誰でも構わない、フェニ様は渡さないわ!」
魔肖ネロとネロクィーンの顔合わせだというのに、本当に脱力ですよもう。

魔偶ファイヤー(?)と魔波動が激突してどっかんどっかん。
その騒音に業を煮やしたジェロが「静かにしてくださーい!」と思わず絶叫。

「フェニ様は、ただ今静養中です!」

フェニックスが休んでる部屋の前で状況を説明するジェロ。
(素直に並んでる魔肖ネロにものすごい違和感…)
このまま笑わないと死んでしまうかも、と必死で訴えます。

しかもフェニックス本人が「静かにしてください」と怒ったり。
…こんなことで叱るキャラでしたっけ??

この話を聞いたネロクィーンは、フェニ様を笑わせて振り向かせようと
ウルフライ・ヘルリストと漫談トリオを結成!

一方、魔肖ネロはというと
「俺様は落語で聖フェニックスを爆笑させてやる!」
って、うぉーい!?

爆笑させて大爆発!(爆死)と考えているようです。
頭の悪さはオリジナルと変わらないようですが…。

さっそく漫談の練習を始めたネロクィーンたち。

「♪うちら楽しい温泉トリオ~明るく笑って楽しいトリオ~」
「ウルフライでーす!」
「逆立ち・トスリルヘ~!」
「三波春子でございます~」

かしまし娘&レツゴー三匹とはまた古い(苦笑)

ゲンキ・ジェロも温泉ロビーで特訓中。
そんなわけで「フェニ様を笑わせろ!その3」に続く~。


続いてはニャンニャンチアリーダーズの「あの人は今?」のコーナー。
今回はラーメン源郷の助太刀悟空を訪ねますが、実は温暖化でラーメンが枯れて壊滅状態だそうで。
しかもその代わり、冷やし中華が異常発生してしまったそうで
(ラーメン源郷のときは花や生物がラーメンでしたが、今はそれが冷やし中華)

いたるところに冷やし中華がうようよ。助太刀悟空は殺虫剤?で駆除してるようですが…。

聖ソプラノも、ラーメンのときは「♪ラララ~」だったのが今や「♪ヒヒヒ~」に。
そんなわけで、今や「冷やし中華源郷」となってしまったのでした。
…これって何か問題なんでしょうか??

続いて「うっしーのレッツ早口」
口内炎が治って「隣の客は良く柿食う客だ」を4回言えたのはいいのですが、
調子に乗って「もっとしゃべりまくりまくりまく…」というところでガブリ

絵的に前回と変わらないのでキャプ画は省略します(^^;


「若神子のハピラキチャレンジ」
今回は一本釣帝が「人生とは?」というテーマで講演!

「人生とは…一本釣りぜよー!」と叫び、客席に釣り針を投げる一本釣帝。
しかし釣れるのは、謎の魚人の胴体、ダイナマイト、冷蔵庫など滅茶苦茶。

終いには、冷蔵庫でペラペラに潰され、中の牛乳を飲んで復活…という
ちんぷんかんぷんな展開でした。


そんな茶番もここまで、「フェニ様を笑わせろ!その3」スタート。

床に臥せっているフェニックスの部屋で、いよいよ「聖フェニックス寄席」が開幕!

トップバッターは「ゲンキ アンド ジェロ」の漫才です。
内容は、ある種ほほえましいのですが…なんだかなー。
次々ボケるゲンキに、タカアンドトシ風に「温泉か!」「応援か!」「黄金か!」とつっこむジェロ。


しかしフェニックスはクスリとも笑わず、ただため息をつくだけ…。
ゲンキアンドジェロ、あえなく退場。

続いては「温泉トリオ」のトリオ漫談。
ところが、出囃子のところでフェニ様に見とれたネロクィーンが卒倒して気絶

何しに来たのかわからないまま退場となりました。

3組目はこの人。


「魔肖亭ネロ助」の落語…。
なんというか、こうなるともう逆に違和感が無い(笑)

「本日は聖フェニックス寄席にお呼びいただき、ありがとうございますネロ!」

きょとんと見てるフェニックスもどうかとは思いますが、それはさておき。
「さっそく一席…」と落語を始めるのかと思いきや、突然杖を手に取り
フェニックスに対し怪しい光線を発射!

「ヘラヘラビーム!」
魔性般若パワーじゃないのかよ(苦笑)

異変に気付き、とっさにフェニックスをかばったゲンキをビームが直撃すると
ゲンキはヘラヘラと笑い出しました。
どうやらこれはただ笑わせるだけのビームのようです…。

落語でなくビームで笑わせようとしたネロに対し笑いながら怒るゲンキ。
「ヘヘ…こんなの…反則だ~ヘヘヘ」

「ネロ助さんは落語で笑わせるのではなかったのですか?」
「うっせーネロ!悪魔が落語なんかできるかネロ!」
「言われてみれば…その通り!」
「そ、そ、そのとおり…。納得してる場合かネロ!!

何ですかこのコント(笑)

そうしてるまにジェロもビームを浴びてしまいヘラヘラ状態に。
さらにフェニックスにも浴びせますが、ゲンキが鏡で反射させてビームはネロを直撃、
敵も味方もヘラヘラしっぱなしという何とも締まらない展開。

ここで初めてフェニックスは、魔肖ネロが自分を奪いに来た刺客だと気付いた様子。鈍すぎ
あんたは記憶をなくしてないはずでしょうが。

一方、笑ってるうちになんだか気分がハッピーになってきたゲンキ。
ひかりセブンが光りだすと、ふすまの向こうから吉福神が登場。
「今じゃゲンキ!バオォンな大技じゃ!」
あんた、七福士呼ばないなら出てくる意味無いっすよ。

ともかく、今週も変身&セブンシールド召還!

あれ?前回までおかしかった配色が修正されましたか?

(↑前回までの)

で、あっさりと魔肖ネロ(の魂)崩壊!!

デビルが必死に呼び寄せた貴重な未来の大悪魔が、今回も鮮やかに使い捨てられましたとさ。
(これ、ちゃんと未来に送り返されてるんでしょうか?)

ひとまず一件落着!というところで、フェニ様が笑った!?

…実は正座してたら足が痺れたというオチ。
もしかしたら本当は落語が聞きたかったんでしょうか


「そんなに笑わなくても~」と言ってるうちに、自然に3人とも大笑いしていました。
そういや結局、フェニックスはなんで笑わなくなってたんでしょうか?

今週もEDはベンジャミンの歌(「オバハンの独り言」)
先週とは2番目の歌詞が変わっていて、
「ビビビン・ビビン・ビンビビン ビンテージ・ビンテージ・ワインソムリエ」
となってました(笑)こりゃ絶対サントラに完全版収録されますね。
DVDの映像特典にも収録されそう。水増しっぽいですけど。
ちなみに田中真弓さんはバツイチらしいのですが、「早く再婚したい」とは本音??

来週もまだまだ温泉編!
今度は「フェニ様を探せ!」?
十字架小説は時代劇?
謎の6つの卵、そして鋭い爬虫類系の瞳…。
…期待せずに待て!(笑)

オマケコーナーは、本編のあのコーナーの続き?

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月03日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月04日

小夏もよろしく

ロッテ本体の公式サイトに「パズルdeロッテ」というコーナーがあるのですが、
現在この3x3サイズの絵合わせパズルをクリアすると
もれなくひかり伝IIIの壁紙がもらえるそうですよ。(6月30日まで)

パズル自体は簡単なので、適当にやってればすぐ解けるかと。

さて、もらえる壁紙はパッケージなどとほぼ同じクロノズー&七因王の図

6月のカレンダーにもなってますので、今月いっぱい壁紙にしてみてはいかがでしょう?
ちなみに、ロッテのお菓子セットがもらえるプレゼントにも応募できるそうですよ。


さて、この壁紙のツッコミどころは…右下のロゴに注目。

チョコ ひかり伝III ビックリマン

スペースの都合かもしれませんが、なんか座りが悪いかと(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月04日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月06日

「ワンダーマリババ」

ワンダーマリアの「ワンダー」って、「Wonder(不思議)」「Wander(放浪する)」のどちらなんでしょう?
けど「Wonder」には“すばらしい”という、「Super」にも通じるヘッド格の意味もありますから、
たぶんそっちの意味で名付けられたんじゃないかとか勝手に結論。

さて、「ビックリマン大ブログ」にて早くも先着予約特典シールが公開となりました。
発売までまだ2か月以上あるのに、こんな早く見せちゃっていいんでしょうか?
むしろゲーム内容の紹介が後回しになってるのが気がかりです。
目玉は後にとっておいてあるのか、先にシールで客を引き付ける作戦なのか??

そんな楽屋裏の邪推はさておき、予約特典はシルエットでバレバレでしたが
予想通りワンダーマリアでした。

こちらも大まかな構図はほとんど変化なく、プロト般若リングに乗ってないこと
小脇にミニゴーストアリババを抱えているところ最大にして最小の違いとなっています。

設定に関しては反後博士の監修とのことなので、何かしら意味付けはあるのでしょうが
あの「ちびババ」が一体何を意味しているのか非常に気になるところですね。

ゴーストは創聖使によって生み出されたものとされていて、
マリアは既にゴーストとなった後のアリババを「発見」したと考えられているため、
・平常時はゴーストを小さくしてコントロールしやすくしている
・あれはゴーストの一部で、ゴースト本体とつながっている
・実はマリアが巨大化
・実はもともとゴーストは小さかった
・聖弾流被弾後、アリババ神帝から分離したゴースト成分だけ手元に残った

などが考えられるかと。
小さいキャラがくっついてる構図は14弾のプレイ天使(神伝レーラとか)を思い出しますね。

まあ、いずれ反後博士が説明してくれるみたいなのでそれを待ちましょう。
(聞いても理解できないかもしれませんが^^;)

それよりも、「これまでになかった加工」というのが興味深いですよね。
「加工」ということは、素材自体はこれまでにある素材ということになりますから、
従来の素材に箔押しやら着色やら印刷自体などでひと工夫されたものになるようですけど…。
箔押しはアンドロココで実施済みですし、一体何がどうなるというのでしょう?

前回のロココもそうですが、ネット上のコレクター諸氏はシールに造詣が深い人ほど
デザインにがっかりして冷めた印象を持った人が多い
ようですが、
あっと驚く&思わず眺めてしまうようなシールに仕上がることを期待したいところです。

追記:
と思ったら既に一部で公開されてるようですね。
[ソフマップの商品案内ページ]
新エンボス加工だそうです。ゴーストアリババ形式の印刷にグラデーションがかかった加工のようで。
ロココは普通にプリズムのようですが、マリアは実際に手に取ってみるのが楽しみです。

しかし、大ブログのほうはどうすんでしょう?
ごく最近イラストが上がってきたように書いてましたが、既にシール見本は上がってたようですね。
ちまちまネタ出ししていくつもりのようでしたが…大丈夫なんでしょうか?

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月06日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月08日

7因バンドが結ぶものは?

良くも悪くも話題騒然な「ひかり伝おとぎ」
公式サイトで予告ムービーが公開されましたが、既にかなり物議を醸しているようですね。

聖神子アエネ・魔神子ディドスの画風で「萌え路線」かと取りざたされていましたが、
今回その姿が明らかになった「7因バンド」はさらに衝撃でした。


若神子のルーツといわれる七因王と深く関係のありそうな7人の女系キャラ。
安易に引き合いに出すのもどうかとは思いますが、やはり「神羅万象」を意識せざるをえない画風。
なんというか、悪魔VS天使編である以上は硬派な路線を貫いて欲しかったところですが、
これも背に腹は変えられないところなのでしょうか。
確かに、人気低迷で打ち切られるよりはよっぽどマシ…ですけどね。

こうしてオリジナル全36種のうち9種まで明らかになったわけですが、
残るキャラはどんな画風になっているのでしょう?
まさか全部萌えキャラということはないと思いますけど…(^^;

果たして、7因バンドはストーリー的にどんな意味を持つのでしょうか?
そしてこの絵柄は、ひかり伝復活の鍵となりうるのでしょうか??

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月08日 00:00 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年06月09日

野球と聖魔のコラボレーション?!

このブログの対象層的には最も遠いところにありそうですが、
今年もプロ野球シールの季節となりました。
※そういや今週の「R25」でも1ページ宣伝が載っていましたっけ。

発売日は12日ですが、いつものように通販で少し早めにゲットです。

今回は前回登場したキャラのうち12キャラが「殿堂入り」ということでゴールドプレートシール化。
新規24キャラ(ゴールドメタリック)と合わせて全36種となっています。
パッケージにもこれらの素材名が堂々と明記してあるのに、
裏面には相変わらず「シール材質は随時変更されます」と書いてるお茶目ぶりです。

ゴールドといってもどんなシールかというと、こんな感じ。

「ゴールドプレートシール」は、いわゆる「Eプリント(エンボス加工)」になっています。
インクは載っていませんが、ゴーストアリババ的なシールとなってます。
どちらかといえば、26弾ごろの天使(さまし尊など)と同じような印象。
とはいえ、これらとゴーストアリババとは素材はともかく
印刷方式が違うのかどうかはよくわかっていないのですが(笑)

「ゴールドメタリックシール」は去年のと同様、いわゆる金ツヤシール
細かいキズが付きやすいのが玉に瑕です。
選手のファンならきっとデザイン的にニヤリとするところも多いんでしょうけど、
元ネタがわからないと何とも言えないところです。

そんな中でも、悪魔VS天使シールのファンにとって面白みがありそうなのが
このロッテ里崎選手のシール

里崎選手はかつて「なんでも鑑定団」に出演した際、子供の頃集めていたという
ビックリマンシールを持ち込んだことで知られる選手。

そのことが今回のシールでもここぞとばかりに反映されているようで、
悪魔VS天使のシールがちまちまと描きこまれてたりしております。

   

スーパーゼウス、十字架天使、助角さん、鬼ガシ魔
他にもお祈り神父、お救い観音、成りキング、お助けさんが描かれてます。
足の防具がウエハースっぽいのもご愛嬌ですかね。

話のタネとしてこのシールだけゲットしておきたい、という人もいたりして?

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月09日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月10日

6聖球誤爆撃!

ハピラキ32話はそろそろのぼせ気味な温泉編3回め。
脇役のミニコーナーと不条理な悪魔ヘッドの扱いもそろそろ飽きてきたのですが、
今回も脱力系ギャグ満載です。さてさて。

フェニ様が消えた!

謎の「?」マークが書かれた大量の写真を残し、聖フェニックスが失踪!

ジェロとゲンキは、フェニ様は悪魔にさらわれたのではないかと考えてさっそく捜索を開始。
(こんな調子なのに、若神子が一人もそばにいないという状況はアリなんでしょうか??)

早速ジェロは「かんぺっ機32号・フェニ様探索ナビゲーション」を取り出して
聖フェニックスの居場所を探します。
(発信機でも付けてたとしか思えませんが…用意良すぎ)

しかし、ナビに反応はあるのに何故か姿が見えないフェニックス。
ゲンキに「相変わらず頼りにならない発明だな」と愚痴を言われ、ムスッとするジェロ。
そんなとき、おいしそうなニオイにつられてゲンキが立ち寄ったのはウルフライの温泉たまご屋台
そこで謎のでっかい卵6個をゲットしたゲンキは、フェニ様のものらしき羽根を拾ったジェロと共に
フェニ様探しを再開。

「ふふふ、大きなのは何の卵かわからない…腐る前にうまく売り飛ばしたでやんす!」
とほくそ笑むウルフライでしたが、代金もらい忘れたことに気付き大慌て。
しかし直後にネロクィーンとヘルリストに捕まり、ゲンキよりも先にフェニ様を探せとどやされます。
ネロクィーンはフェニックスのために、早起きして弁当を作ったらしいのですが…いじらしい。
でもヘルリストによると激マズだとか。お馬鹿馬鹿馬鹿~。

さて、道に点々と落ちている羽根。
ジェロの推理によれば、フェニックスが居場所を知らせるために
連れ去られながらも落としていったもの
、というのですが…。

この推理に感心したゲンキは、でっかい卵を近くの温泉に漬けておいていざ捜索再開!

…ところが、気がつけば先ほど卵を漬けた場所に戻ってしまった二人。
ナビによれば絶対この付近にいるはずというのですが…
というところで、6つの卵がいきなりグググッと肥大化!

しかも次々とヒビが入り、割れて中から何かが飛び出した!!

…というところで「フェニ様を探せ!」その2に続く~。

さて、小説家センセイの純愛小説のコーナー
今回の題材は…何故か時代劇

悪代官フッドに黄金の招き猫を贈る越後屋ピーター

「おぬしも悪よのう~」って、ベタすぎます。
てゆーか、バンプ&バンパイアですか?(ついでに一本釣&アリババも味方陣営なのがなんとも)

さらに越後屋は町娘を用意させ、嫌がる娘に対し無理やり「コマ回し」を行うという悪行三昧。

…純粋にくるくる回すことが目的です。誤解の無きように(笑)

しかし、そこへ響く猫の声!
ふすまの向こうに立つのは一人の剣士!その正体は…。
「悪魔ご免の向こう猫!人呼んで、ヤマト王子侍!!」(ゴロ悪ぃ…)

ヤマト王子侍は、一気酔剣(日本刀みたいに刀身長い)であっさりフッド・ピーターを切り伏せ
町娘を救出成功!

町娘は「これから一緒に、ラブラブで遊びましょうの」と言い寄ります。
何をするかと思いきや……やっぱりコマ回し!

しかもヤマトは回される側(笑)

「…ロマンチックじゃないですの!!ぬぬぬぬぬ!!」
怒りに身を震わせる小説家センセイ…。
ラストが気に入らないなら、そこだけ書き直せば良いものを。

続いては「あの人は今?」

今回は、くのいち養成所を開設した皆伝仙人のもとへ
鐘助が体験入学しにやってきたのですが…。
(ここでわざわざ当時のあらすじが流れたのは時間調節でしょうねえ)

皆伝仙人の姿に驚いた鐘助、仙人を突き飛ばして一目散に逃走…。

変態すぎでござゆます…。

続いて、「うっしーのレッツ早口」
今日のチャレンジはかなり長いので気合が入ります。
『神田鍛冶町の角の乾物屋のカチ栗は硬くて噛めない。
かっと乾物屋の勘兵衛さんのカカアが出てきて、
カリカリ噛んだらカリカリ噛めた。』

の、最後の最後でカリっと舌を噛んじゃった…。

実際にある早口言葉では、「返しに行ったら勘兵衛さんのカカアが出てきて癇癪起こして…」
というようなくだりがあるようですが、
何にしても「途中まで完璧で最後にタイミング合わせて噛む」なんて、声優さんすげー。

そんなこんなで、お待ちかね「フェニ様を探せ!」その2

割れた温泉卵から飛び出したのは、なんと「復活6天使」!?





…あれ?もう一人は…まだ卵が1個割れてないようです。

飛び出してきた「もの」はすぐ消えてしまい、何がなんだかわからないゲンキとジェロ。
ジェロは再び羽根探しを始め、卵食べ損ねてぐずるゲンキの手を引っ張ります。

その頃、村の神社で悪魔のくせに神頼みしている男が一人…。

「神様~、セブンシールドで砕かれた悪魔の残骸はどこにあるか、教えてくださいヒー」
相変わらずやる気があるのか無いのかわかりませんが、シヴァヘラが鈴をガラガラ鳴らすと
中からひらりと悪魔の魂が落ちてきました。
「復活せよ!未来の悪魔よー!」

するとちょうどそのすぐ近くを歩いていたネロクィーン一行は
赤い温泉の中からいきなり出現した巨大な悪魔と遭遇!!
「聖フェニックスはどこじゅら~!?」

ネロクィーンらが居場所を知らないとわかると、始祖ジュラは翼から黒い雪を放ち
3人をに変えてしまったのでした。

さて羽根を拾いながら探すゲンキとジェロのところに、ひょっこり顔を出した一匹の動物。

どうやら羽根はこの「豚ガチョウ」のもののようです。
「ジェロの推理、全然当たってないじゃないか!」と怒るゲンキ。
ナビは確かにさっき卵が割れた地点を指しているのですが…。

すると豚ガチョウが卵を産み、それを見たジェロはあることに気付いたのですが
そのとき上空から飛来した始祖ジュラにより、ジェロの体が石に!

ジェロは完全に石化する前に「さっきの大きな卵で、一つだけ割れてなかった卵がありました…。
その卵を……割るんです!!」
と言い残し、ゲンキに後を託しました。
泣き叫ぶゲンキは「あの卵を食って強くなれってことか!」と思い込み、走り出します。

というところで「フェニ様を探せ!」その3に続く…。
いちいち途切れるから緊張感が持ちません~。

続いてこのコーナー。

ピーター、一本釣と来て今週はアリババ。次はフッドでしょうか?
それはさておき、アリババのチャレンジは「疑り深い性格を直すこと」
そのために悪魔たちさえもポジティブシンキングで信じることを誓いますが…。

何度も酷い目に遭わされながらも無理やり良い解釈で乗り切ろうとするアリババ。
…ですが、結局いつもの黒アリババになって「他人なんて絶対信じるもんかー!」となってしまいました。
相変わらずこのコーナーは何がしたいのか、何をもって成功なのかがわかりませんね…。

続いてはシアントラスの「はじめて」シリーズ

何故か洋服屋さんでかめ助をコーディネートして褒めちぎっている男ジャック。
「ジャックさん、どうしてそんなに優しくしてくれるの?」
「それはな、あんたが最高に好みのタイプだからさ!」


はて、どっかで聞いたようなセリフ。
そうそう、確か…
「お久しぶりね、会いに来たの」

そう、縁縄如天に対してもこのセリフを言ってましたね…って、ありゃ?

怒った縁縄如天に、殺人マッサージのフルコースを受ける男ジャック。
「自業自得、身から出たサビでごわす」とシアントラス。
男ジャックの株が暴落ですな…。

さてさて本編に戻って、「フェニ様を探せ!」その3

一個だけ残ってた卵を必死に割ろうとするゲンキ。
そこに始祖ジュラ復活を知って駆けつけた十字架天使とカメですが、
ゲンキはまるで話を聞かず卵を割ることに没頭。

その間にもジュラは村を飛び廻り、黒い雪を降らせてどんどん石に変えてしまいます。

そう、この人も…。

ゲンキが石頭で頭突きしてようやく卵が割れると、中から聖フェニックスが!


なるほど、ジェロのナビは間違っていなかったわけですね。
(でも最初にウルフライのところにあった卵はもっと小さかったのに…)

フェニックスが何故卵の中にいたのかというと…、
周りに迷惑かけてばかりでどうしたらいいかわからず、自分の殻の中にこもって考えていたんだとか。
ゲンキたちが見た「?」入りの写真も、「私は一体何をすれば…何を、何を??」と悩んだフェニックスが
自分で書いたものだということも判明。人騒がせにもほどがあります。

しかし始祖ジュラ復活を聞き、自分の成すべきことは勇気をもって戦うことだと悟ったフェニ様。
けどまとばに来る前、かつて聖戦衣化したときに戦う覚悟は固めていたんじゃ…。

フェニックスが足元の殻を弾き飛ばすと、カメも吹っ飛び頭を強打。
すると非常にご都合主義的な展開でスーパーゼウス出現!
(もうカメ=ゼウスと気付いてもらってるだろうに、全然大事にされませんね…)

同時に、何の前触れもなく十字架天使がいきなりクロスエンジェルに変身!

「聖フェニックスよ、よくぞ心の殻を破ってくれた。
じゃが困った…始祖ジュラを倒すには、復活6天使が揃わねばならんのだよなあ~」

いや、別に6聖卵爆撃じゃなくても、普通に倒したっていいんじゃ?

しかしどういうわけか、復活6天使の魂はここにいるのでした。
そう、さっき割れた5つの卵から出たのは、クロスエンジェル以外の5人の魂だったのです。

そもそも、この5人の魂がなぜここにいるのかは全く説明ナッシング。
旧作見てない人には、何故“復活”6天使なのかもさっぱりでしょうねえ…。

さらに、彼ら6人の手に「聖卵」が出現し、戦いに備えます。
当然のごとく、食べたがるゲンキ(笑)

すると始祖ジュラ飛来!
フェニックスを発見して襲い掛かってきます。
戦う決意をしたフェニックスは立ち向かおうとしますが、ゲンキは
「だめだよ!フェニ様はまだ体が弱ってる!」と食い止めます。

そこに何の前触れも無く吉福神が現れ、毎度のごとくセブンシールドを使うよう指示。
さっそくセブンシールドを呼び出すゲンキですが……何故か何の反応も無し
ゼウスが言うには、おそらく若神子の誰かが石にされたのだろうということです。
そういやさっきヤマト王子が石にされてましたからね…。
この騒ぎに集まってこない他の若神子たちもどうなってるかわかりませんが。

セブンシールドが使えなくて大ピンチ!
そこでフェニックスはクロスエンジェルに指令を与えます。
「クロスエンジェル!その6聖球で始祖ジュラを倒すのです!」

…6聖“球”とな?!

「もう怒ったですの!6聖球!と叫ぶと、復活天使たちの聖卵が黄金クロス砲に吸い込まれていきます。
いやだからそれは6聖球では…。

余談ながら、字幕放送でもしっかり「6聖球」と書かれてました。
まあ字幕は鐘助に「かねすけ」とルビが振ってあったぐらい適当ですが(笑)>

最後に自分の聖卵も吸い込み、向かってくる始祖ジュラに対してロックオン!
「黄金クロス砲・6聖卵爆撃!!」

ここだけ「6聖卵」と言ってました。なら気付きそうなものですが…ぐむう。

6つの卵が始祖ジュラのボディに次々炸裂!
何故かシヴァヘラごと、はるか彼方へ吹っ飛んでいきました。

今回の復活悪魔はそれなりに働いたものの、結局肝心なところでは何もしないまま攻撃を受けるという
ネロと同じパターンであっさりご退場となったのでした。
旧と同じ方法で6聖卵爆撃を受けたり語尾が違ったり、オリジナルの記憶は失われていているのかも。
魂のカケラだけだし、シヴァヘラの復活パワーがどんな影響を与えているかもよくわかりませんしね。

それはともかく、台本どおりというような感じで始祖ジュラ撃破成功!
「復活6天使のおかげです」というフェニックス。
何だかなあ…。

始祖ジュラが倒されたことで石になった村人たちも元通り。
もちろんヤマトもジェロもネロクィーンたちも復活。めでたしめでたし…と。

EDはもはや定着しつつある「オバハンの独り言」
今回も2番目の歌詞が入れ替わっています。何パターンあるんでしょう??
「♪フフフン・フフン・フンフフン フンボルト・フンボルト・ペンギンコレクター」

…三条さんの脳内では、「ペンギン」に続く言葉といえば「コレクター」なのでしょうか?
確かに、一昔前にペンギンブームがあったような気もしますが…。

来週は全米ゴルフ中継のため一回お休み!
久々に日曜の朝ぐっすり眠れそうです(笑)

その次の週は、いよいよ温泉編ラスト!
十字架天使の小説はロボットもの?ウワサのマトバロボ出動!
ゲンキ・ジェロはフェニ様においしい物を食べさせようと奮闘?
そこに立ちふさがる最後の未来悪魔(?)ブラックゼウス!

熾烈なバトルとなるか、はたまた大ズッコケ劇となるか?!
やっぱり期待せずに待て!

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月10日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月11日

BEAT!ブロードバンド!

東映のサイトで旧ビックリマンのアニメがネット配信されてます。

東映アニメBBプレミアム・ビックリマン

現在は25話までが視聴でき、さらに第1話はなんと無料
(他は1話あたり105円だそうです)

DVDもバラで一通り出たことですし、あとはブロードバンドで残った層に訴えかける作戦のようですね。
YouTubeのような動画投稿サイトでも見られる…という声もあるかもしれませんが、
そこは金を取るだけあって画質が全然違いますね。
ちなみに期間限定のようなので、気になる方はお早めにー。

これでやっと東映ビックリマン公式サイトでまだ埋まっていなかった「ブロードバンド」の項目が…


…まだ埋まってませんね…(^^;

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月11日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月12日

特典・逆転・大事典!

DSビックリマン大事典の続報が正式に公開されましたね。
各種ゲーム関連サイトでもニュースとして扱われています。

http://www.famitsu.com/game/news/2007/06/11/103,1181529528,73149,0,0.html
http://www.dengekionline.com/data/news/2007/6/11/978a70c0dca4b7fd200c48064d4b770b.html
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0706/11/news032.html
http://gameinfo.yahoo.co.jp/news/eg/20070611_n_eg_02.html
http://news.livedoor.com/article/detail/3194461/

ただしどこも内容は似たり寄ったりで特に違いはありません(笑)
限定シール2種と専用台紙がどーんとクローズアップされてます。

ヘッドロココはやはり52ミリサイズのようですね。
プリズムの四角の数が、48ミリだと一辺が約7.5個なのに対し、このロココは約8個分あります。
おそらくワンダーマリアも同様でしょうか。
こういうところにこだわるファンも少なくないですが…さてさて。

記事によれば、ロココは「当時と全く同じ素材で作られた」とあります。
当時は扇プリズムがメインだった時点でこの説明が適切とは言えないところですが、
四角プリズムだとしても旧オリジナルの厚みのあるプリズムは今では生産されてないと言われてるので
結局ひかり伝と同じ現行の「復刻角プリズム」だろうことはまず間違いないかと。
せめて印刷方式が「超元祖31弾完全編」のような厚塗り方式ならよかったのですが~。

ワンダーマリアは「エンボスグラデーション」というのですね。
確かにエンボス加工で細かく凹凸の付いた面に着色するのは、従来の印刷では難しそうです。
地味なところですが、今までにない加工であることは間違いないですね(^^;
魔炎っぽいですし、ちゃんと雰囲気と結びついているところは大いに評価できるところでしょうか。

そういえばワンダーマリアには専用の収納台紙も付いてくるそうですけど、
じゃあロココは?
プロデューサーさんがマニアらしいですから、「どっちも専用台紙があれば並べて見栄えがいい」ということで
何らかの形でロココ専用台紙も出してくるかも?!

あらゆる特典をきっちり網羅するためにも、情報収集は欠かせませんね!

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月12日 00:00 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年06月13日

Web拍手(6/2~6/13)

拍手レポのお時間です。

数の問題ではないものの、増えてるとやはり嬉しいものです。
ゆえに減ってるとそことなく悲しいもの。
まあ更新が乏しいので伸びないのは仕方ないのですが、
ぼちぼちといつも通り状況報告です。

では今回もカウント数一覧から。

6/2 2
6/3 6
6/4 1
6/5 1
6/6 2
6/7 13
6/8 10
6/9 24
6/10 8
6/11 2
6/12 4
6/13 4

では、以下個別レスです。

6/2 9:22 堀江美都子さんと水木一郎さんが声優としてアフレコに参加されたようですね。楽しみです。

アニメのニュース系サイトに情報が出てましたね。
ディープなアニメファンじゃなくても名の通ったお二人ですし、
どうなるのか気になりますね。

6/3 10:14 30話の元ネタとかアキの歌の解説とか分かりやすかったです。そういう意味だったのか~!

ありがとうございます。
結構マニアックな小ネタが多いですね。スタッフ遊んでますね~(笑)

6/9 23:18 直伝撮影してみました。復刻6種はあれか…

むー、今は見れないですが…一時的なテスト作業中だったりしたんでしょうか?
発売が近くなったら、7因バンドなんかもチェックしてみたいですね。

6/12 20:27 今回の野球ビックリマンキャラで一番ビックリマンしてる選手はありますか?私は、ロッテのコバマサです。
6/12 20:27 なぜかというと彼のポーズが懐かしくもあるからです。

実はまだ2個しか開封してなかったり(爆)
箱に描かれてるキャラはどれも前作より顔がリアルになってますね~。
ロッテのその人とは、ポセイドンみたいな衣装の人でしょうか。
神話っぽさは悪魔VS天使にも通じるものがありますね。

6/13 1:47 朝やらない=応募できないという理由で全く見れないのでいつもありがたいです

ん?お住まいの地域では朝放送されてないから、ということでしょうか。
応募するだけなら方法はいろいろありますが、そこまでして…ということかもしれませんね(^^;

ではでは、今回も皆様どうもありがとうございました!

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月13日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月17日

小休止中の小休止

今週のハピラキはゴルフ中継のためにお休みです。

よって、今日は久しぶりにのんびりゆっくり眠れる日曜日……

のはずが、この日は久々の休日出勤でいつも通りの早起きでした(爆)
なんたる不運…いや、休日出勤がハピラキと重ならなかったのはむしろ不幸中の幸い。
朝6時半起床でその後夜中まで働くのは厳しすぎます(^^;
(※リアルタイム視聴じゃなければ、出かける前にビデオでクイズだけ確認すりゃいいんですけど)

最近の一人Blogは、DSやおとぎなどで頻繁に時事ニュース情報が飛び込んでくる上に
Web拍手報告週一のハピラキあらすじなどで日数そのものは埋まるものの、
昔のようなキャラ・ストーリーの熟考画像ネタは激減しております。
ま、そっちのネタは万年枯渇状態ですし書き上げるまでの時間も結構かかるので
ついネタ作り自体を敬遠しているというのも事実なのですが…。

最近はまた仕事が忙しくなってきていて、ブログのために時間を割くことが難しくなってます。
やはり本業をおろそかにするわけにはいきませんので、更新が滞ることも多くなりそうですが
何卒ご理解ください。

コレクターにとって、イベントや交換会に出席できないことは辛いですけれど
なんとかうまく両立できないもんですかねえ…。

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月17日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月18日

DS公式サイト大リニューアル!

ここんとこ、もっぱら話題の中心はDS「ビックリマン大事典」ですよね。
公式サイトもリニューアルされ、ゲームの内容が随分とわかってきました。

「ビックリマン大図鑑」ではゲームの仕様がかなり細かく公開されています。
(異聖メディアの頭上のわっかは…まあ、見なかったことに)
私が注目したのは「テキストリンク機能」で、「博士」ボタンでキャラの概要が表示されたり
裏書き本文中の文言に対していちいち説明が書かれたりというのが何気にすごくないですか?
おそらく博士ボタンは全部のキャラじゃなく有名なキャラ限定だったりするのでしょうけど、
反後博士の監修した(と思われる)紹介文を読むのは今から結構楽しみです。

もちろん「仕掛けの完全再現」もかなりこだわりが深くて興味津々です。
ホログラムシールをタッチペンで傾けて絵柄の変化を再現できたり、
Wシールの一枚目を別のシールに貼るという仕掛けを楽しめたり。
まさか日光に晒すと名前が浮かび上がる、というところまで盛り込んでいるとは
さすがに予想できませんでしたね~(^^;
ここまで妥協が無いと、こだわりすぎて逆に操作が面倒になったりしてないかとか
そういうところぐらいしか不安要素が見当たりません。

「ひかり伝大図鑑」は、おとぎもしっかり収録されているようですね。
(前回まではロッテがおとぎの発売告知前だったので、あえて名前を出していなかったのかも)
2次元バーコードが読み取れるというのは、まああの解像度ならアリですね。
それより、このゲーム発売は関東でおとぎが発売されてまだ一ヶ月の時期ですけど、
他の地域の方々はこのゲームさえあれば「おとぎの直伝」にもアクセスできちゃうんでしょうねー。
って、おとぎにも直伝があるのかどうかはまだ不明ですが…。
そういやひかり伝のほうにはテキストリンク機能などは無いのでしょうか。
曼9聖と創聖巡師のような、旧とひかり伝をまたぐ相関関係などもわかればいいんですけど、
そこは今後のひかり伝の展開にも影響されるでしょうから、その機能は無いかもしれません。

「ビックリマン大検定」は、かなり細かいところが訊かれそうな気がします。
マニアじゃない人もがんばればクリアできるようじゃないといけないでしょうから、
クイズの答えはDSのどこかに必ず書かれていると思うのですが、
そうなると後半弾3すくみ裏書きにだけ書かれてる情報とかもバンバン出てくる気が…。
だとしたら相当難しそうです(^^;
逆に、DSに出てこない情報はどんなに基本的な内容でもクイズでは出てこない可能性も?

これまで特典シールばかりがクローズアップされてましたが、
どっこいゲーム本体もなかなか期待できそうです(^^)

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月18日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月19日

ビームは黒の特権か?

前回に引き続き、DS「ビックリマン大事典」の話題をば。

プロモーションムービーの完全版が公開されております。
ブログでは情報はなるべく小出しにする方針のようでしたが、
どんどん表に出していく方針に変わったようで、嬉しい限りです。

さて4分余りもある動画は…冒頭から無駄に豪華な雰囲気を演出していましたが(笑)、
ゲーム内容の部分では新しい情報もあり、動く画面ならではの内容もあり、
あっという間に4分過ぎたという印象です。

例えば、チョコが40個入っている箱が開いて組みあがっていく様子。
そこからチョコを選んで、開封して、中からシールが出てくる様子。

よくまあここまで作りこんだものだと思います(^^;
「こんな機能があれば面白いけど、さすがに無いだろう」
というところの多くが実現してるみたいで、さすがマニアが喜ぶツボを押えてますね。

また、弾コンプ特典で「長年明らかにされていなかった謎」が明かされるというのは
個人的にもかなり気になるところ。
こんなところで新たな公式設定が明らかになったりするんでしょうか!?

ムービー中には以下の3つの疑問が紹介されています。

■ブラックゼウスは額から虹光波を出すようですが、
 それはスーパーゼウスも使うことができますか?
■スーパーデビルとダークマターの関係を詳しく教えてください。
■サタンマリアは「和合ボール」をかぶって聖気をガードしていましたが、
 何故そんな必要があったのですか?

スーパーゼウスが虹光波を使えるのかって?
…確かに謎っちゃ謎ですが、ファンが長年気にしていたかどうかは疑問…。
でも、ブラックゼウスの虹光波が始祖ジュラに取り込まれたことによるものだったり、
あるいは聖誕生時の秘密にまつわる理由だったりしたら面白いかも?

画面の右上に「解明!?31の謎」とありますが、弾にちなんだ謎が一つずつ選ばれているのであれば
第1弾で今さら気になる謎も特に無いので仕方なくこんな疑問が選ばれたとも考えられますね。
むしろ後半弾になればなるほど、ファンにとって気になるパンゲあたりの謎が
明らかになる仕組みなのかもしれません…。

今後はファン同士のマニアックな会話における情報源としても
DSが有効活用されることになるかも!?

PCエンジンの「ビックリマン大事界」は持ってなくても何ら支障はありませんでしたが、
こっちの「大事典」は資料的価値も高いかもしれませんね。

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月19日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月21日

限定という言葉には弱いもの

最初に知ったとき、私は思ったものです。

『3000は多すぎるんじゃないか?』と…。


ビックリマンは確かに潜在的な人気の高いコンテンツですが、
バンダイから出たフィギュアが軒並みコケたように
シール以外のグッズは必ずしもヒットしないという定説があります。
今回の「大事典」も、気になるにわかファンは多いでしょうけど
実際に購入する人となるとやっぱりそうそう多くはないという気もしてました。

なので、本当に3000個もハケるのか?というのが第一印象。
30周年だから3000個にするのなら、300個でも十分じゃないかとすら思ったぐらいです。

ところがフタを開けてみれば、わずか一日で完売とな。
転売目的で複数注文した人も結構いるのかもしれませんが、
知り合いの中にも保存用でもう1個という人もちらほらいてびっくり。
いや、そこは私のほうが情熱薄らいでしまってるのでしょうか。

でも、そもそもあのデカシール。
私はそこまで魅力を感じないのです。
いや、もちろんコレクターとしてはたとえどんなにくだらないものであっても
1枚は確保しておきたいという欲求はありますが…。

記念にでっかいサイズのシールを作るなら、絵柄はそれこそゼウスかロココのように
普遍的に人気のあるビックリマンを代表するキャラが選ばれるべきだと思います。
あるいは既存シールの絵柄そのままじゃなく、大サイズならではの
複数キャラ同時盛り込みとかパッケージ柄の再現とか、そういう方面のアレンジならなお良し。
ただ単に「Webで人気のあったキャラ」というのでは、大サイズである意義が薄いと感じます。

そういえばこのの「大特別版」、ソフトが丸ごと入るでっかいパッケージでもわかるように、
「ビックリマンチョコそのもの」を擬似再現しているのが売りのようですね。
DSソフトがチョコの代わりで、それと「特大インナートレイ」の間にデカプリズムが入り
全体を包装パッケージで包むというスタイルを取っていると思われます。
(そうでもなきゃ、インナートレイなんて何の意味があるのかと(笑))
だったら、中のシールもランダムで30種類全部アリだったら…
斬新かつ悲劇的な展開は必至ですね(苦笑)
(でも今後、ロッテから「ジャンボビックリマン」としてシリーズ化されたりして……。)

ま、何にせよこの即日完売劇のおかげで「このゲーム人気あるんじゃん!」
内外に知らしめた印象があるので、通常版の売り上げUPにもつながるかもしれませんね。

さて、DS本体はいつごろ買うかなあ…。

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月21日 00:00 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年06月22日

ネガティブ神帝あ~ちすムッハー

月イチ恒例のDVDリリースの話題です。

ハピラキDVDもようやくVol.4
若神子も7人全員が出そろいました。
(8人目については気にしないように)

同時にリリースされてた旧のDVDは前回で完結したため、
今回からは新のDVDが3巻ずつ登場
パッケージはこんな感じで、DVD-BOXのデザイン流用そのまんまです。

見づらいですがハピラキは若神子勢ぞろいの豪華な構図。
新のほうはマルコ・オズ・コッキーそろい踏みです。

で、ハピラキの封入特典シールはこちら。

ピーター神子・魯神フッド・光動鬼ウルフライの3枚。
裏書きは東映の公式サイトのキャラ紹介とほとんど同じなのですが、
そうなるとキャラ紹介のあるキャラは今のところ13種しかいないので
残りはのみです。次からはどうなるんでしょう…?
モバイルのほうでは超聖神クロノズー・超聖神ディアナの説明も出てますが、
それを含めてもVol.6以降はどうなることやら。
氷ミコ、ウサギ、フェニックスなどが出てくれればいいんですけど、
ここでまたタイガー王神とかだと萎えちゃいますねえ…。

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月22日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月23日

慢性的神羅詣で

日曜日、次世代ワールドホビーフェアに行ってきました!

本当は土曜日に行きたかったのですが、よりによって数ヶ月ぶりの休日出勤が入ったため
一日遅れでの参戦となった次第。
まあ先行販売にそれほど興味があるわけでもないので、
このイベント自体に関しては土曜でも日曜でも関係ないんですけどね。
ちなみにこのブログの優先順位上、日曜日はハピラキの感想が入るので
土曜付けのブログとなっていますが気にしないでください。

さて、目的は相も変わらず神羅万象チョコについて。
今回は第三章第2弾の先行販売があるとのことでしたけど
昔ほど意欲が強くないので、買えたら買うというぐらいにしか考えてませんでした。

実際、昼前に到着した時点で先行販売入り口がたった30分待ちという状況だったので
とりあえず並んで一箱買ったのでした。
ついでにその時点では15分待ちになってたのでもう一箱ゲットしましたが(爆)

ブースは、広さはさほど変わっていませんでしたが…
展示物が年々しょぼくなってきてますね。
壁には歴代のカードがずらりと貼られているのですが、
以前あった文房具やその他の展示物はほとんど無くなってました。
今回の第三章第2弾についての図解などもありましたが、他にめぼしいものもなく
中央のモニターでは簡単な第三章第2弾のストーリーが紙芝居的に放送されてるぐらい。

恒例の配布ブツは、以前までとは違う短冊形の箔押しステッカー
豪華なのはいいのですが、ファイリングに悩む仕様です。

まあそんなこんなで、チョコとステッカーで目的達成。
ちなみにチョコのほうは、箔押しカードはさすがに出ませんでしたが
それ以外は一通り揃ったのでのんびり発売日を待つことになりました。

そういやコロコロ30周年ブースではビックリマンもちょっとだけ紹介されてたそうですが、
私は特に何も無いだろうと思い込んで全然チェックしてませんでした(^^;

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月23日 00:00 | | トラックバック (0)

惰性的神羅詣で

日曜日、次世代ワールドホビーフェアに行ってきました!

本当は土曜日に行きたかったのですが、よりによって数ヶ月ぶりの休日出勤が入ったため
一日遅れでの参戦となった次第。
まあ先行販売にそれほど興味があるわけでもないので、
このイベント自体に関しては土曜でも日曜でも関係ないんですけどね。
ちなみにこのブログの優先順位上、日曜日はハピラキの感想が入るので
土曜付けのブログとなっていますが気にしないでください。

さて、目的は相も変わらず神羅万象チョコについて。
今回は第三章第2弾の先行販売があるとのことでしたけど
昔ほど意欲が強くないので、買えたら買うというぐらいにしか考えてませんでした。

実際、昼前に到着した時点で先行販売入り口がたった30分待ちという状況だったので
とりあえず並んで一箱買ったのでした。
ついでにその時点では15分待ちになってたのでもう一箱ゲットしましたが(爆)

ブースは、広さはさほど変わっていませんでしたが…
展示物が年々しょぼくなってきてますね。
壁には歴代のカードがずらりと貼られているのですが、
以前あった文房具やその他の展示物はほとんど無くなってました。
今回の第三章第2弾についての図解などもありましたが、他にめぼしいものもなく
中央のモニターでは簡単な第三章第2弾のストーリーが紙芝居的に放送されてるぐらい。

恒例の配布ブツは、以前までとは違う短冊形の箔押しステッカー
豪華なのはいいのですが、ファイリングに悩む仕様です。

まあそんなこんなで、チョコとステッカーで目的達成。
ちなみにチョコのほうは、箔押しカードはさすがに出ませんでしたが
それ以外は一通り揃ったのでのんびり発売日を待つことになりました。

そういやコロコロ30周年ブースではビックリマンもちょっとだけ紹介されてたそうですが、
私は特に何も無いだろうと思い込んで全然チェックしてませんでした(^^;

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月23日 00:00 | | トラックバック (0)

2007年06月24日

温泉といえばグルメでしょ??

1週のお休みを経てのハピラキ33話は、ようやく温泉編最終回
最初のうちはほのぼのしてて良かったのですが、4週はちょっと長すぎでした。
てゆーか温泉である必要性があったのは最初だけでは…。

いきなり何故か氷山のようなところでファイト!一発~!してるゲンキとジェロ。
このシリーズ中は若神子が腑抜けすぎるためかこの二人が孤軍奮闘してるわけですが、
崩れる足場、迫る雪崩…。

何をしているかというと、これもフェニックスのため。


ファンからもらった食べ物は大量にあるはずなのに、何故か体重が全然増えないフェニ様。
今度は「食欲が出ない」という、とことん困った次界創造主サマですけど
栄養不足による貧血でぶっ倒れてしまう有様で、このままでは死んでしまうと心配した二人は
「氷山助の眉毛」「舞うタケの羽」という珍食材を探しにいくことに。

そんなわけで氷山に向かった二人だったわけですが、
偶然見つけた洞窟の中で寝ている氷山助を発見!

しかしでかい!!
画面の真ん中のほうにゲンキとジェロがいるのですが、大きさが違いすぎです。

「氷山助の眉毛」は食べると寿命が100年延びるといわれているそうです。
(超法師と桃源如来が結婚3000年とか言ってたのを考えるとどれほどの価値かは微妙ですが)

氷山助を起こさないように、慎重に眉毛を削りとろうとするゲンキたちですが、
そこに話を聞きつけてきたネロクィーン一行が出現!

電動ドリルで一気に眉毛ゲットしようとするウルフライたちに怒鳴るジェロ。
目を覚ましかける氷山助にあせって冷や汗たらり…。

と、その汗のせいで氷山助が目を覚まして大騒ぎ!!
追いかける氷山助と逃げるゲンキ・ジェロ。
しかし氷山助が階段に足を引っ掛けて転び、額をぶつけて眉毛が欠け落ちました。
すかさずゲンキがそのカケラをゲット、そして一目退散!!
次の食材探しに出発です。

そんな頃、ニッコリー村のお土産屋では今日もあの人が…。

「ヒ!またイエロスか…ちゃんとマゼンタレイアは入ってるヒか?」

真黒域の超聖使が何故まとばでフィギュアに…。
てゆーか、こんな不真面目なことでいいんでしょうか。ネロクィーンよりも働いてないですよ。

ともかく、不満なシヴァヘラがガチャポン自販機を叩くと
中から一個のカプセルが転がり出てきました。
「こんな所から前回敗れた始祖ジュラの魂が!」
ホント、なんでこんなところから!?

そんなわけで、今回もマクロパワーを注いで始祖ジュラを復活させるシヴァヘラ。
さらにパワー追加で、始祖ジュラがブラックゼウスにパワーアップ!!

「ブラックゼウス参上ブラ~!」

あのー、ブラックゼウスと始祖ジュラは別人なんですけど…わかってるのかなあ??
てゆーかこの口調はどうにかならないものでしょうか。

「ブラックゼウスよ、お前の力で聖フェニックスを倒すのヒー!」
あれ?倒していいんでしたっけ??

ところがブラックゼウスはいきなり虹光波をシヴァヘラに発射!
「俺より弱い奴は俺に命令するな!どこかに俺を楽しませてくれる強い奴はいないかブラ」
なんとブラックゼウスはサイヤ人のような戦闘マニアのようです。さあどうなるのか?!

というところで「フェニ様に栄養を!」その2に続く…。

さてお待ちかね「十字架天使 湯の町にて想う」のコーナー。

「命がけの恋を描くなら、SFですの!ロボですの!」
そうか?
ともかく、ウワサのパロディアニメスタートです!

私、元ネタについては名前すら知らないので何ともコメントできません(爆)
BGMは水木一郎&堀江美都子さんだそうですが…そうですか。





敵ロボとの戦いで合体ロボ出動、そして最終兵器発動!
というところで小説家センセイの意欲が減退。
「肝心な恋愛要素が無くなってしまいましたのーーー!!私、文才無いですの…」

そこにヤマト王子が現れ「あの、トランプでもどうかな?」
小説家センセイは「……やりますの!」と笑顔に戻ったのでした。ちゃんちゃん。

続いては、意外なキャラの意外な面が好評な??シアントラスのはじめてコーナー

今回は真白域超聖使たちの「はじめてのご報告」
視聴者的には、レッドムガル以外は初めてのセリフですね。

超聖神ディアナに対し、若神子たちの現状報告をしなければならなくなった3超聖使。
しかし…

「まさか4話続けて温泉でのんびりコント話とはとても報告できない」
「うまくごまかすしかねえべな」
「ゴマカス!ゴマカス!」

レッドムガルは比較的まともなキャラで、ミログリーンは愚鈍な田舎者口調。
ブルーインカは鳥っぽいです。

宴会三昧な光景に対し、説明を求められた3超聖使たち…。
「これは治療です!温泉で傷ついた体を癒しているんです」と言い訳するレッドムガル。
「んだんだ、苦しく辛ぇ旅の途中だかんね。たまには嫌なことさ忘れて
体休めんことも必要だっぺな」
とフォローするミログリーン。
「そうそう、真白域を目指すことも忘れて温泉宿で宴会三昧、あー羨ましい」
と、ポロリと本音を漏らすブルーインカ。焦る二人。
それを聞いたディアナ様の背後に雷が…。

「…どこの世界も上司の扱いは難しいもんでごわすなあ、くわばらくわばら」
…確かにねえ…。

さて「フェニ様に栄養を!」その2。

食べれば肌はピッチピチ、100歳は若返るという食材「舞うタケ」を探すゲンキとジェロ。

早速捕まえようとしたところ、逆に罠にはまって捕まってしまいました。

そしてキノコたちによって鍋の中に放り込まれるゲンキとジェロ。
どうやら舞うタケは恐ろしい生物のようです…。
鍋の中にはネロクィーンたちも。
このままでは全員キノコのディナーにされてしまいます。

するとそこに、突如キノコ鍋を破壊する謎の攻撃が!?
逃げ惑うキノコ。何が何だかわからないまま助かったゲンキたち。

そこへ爆煙の向こうから「匂う、強力な理力のニオイがぷんぷんするぞ」と言いながら
ゆっくり近づいてくるブラックゼウスの姿が!
「俺様と勝負だブラー!」とゲンキに虹光波を放つブラックゼウス。
逃げるうちに氷山助の眉毛を落としたゲンキ、それをネロクィーンたちに奪われてしまいます。

そのまま逃げ出すネロクィーンたちは偶然足元に転がってきた舞うタケらしきキノコもゲット。
フェニ様とのラブラブな妄想に浸りつつ温泉宿に向かうのでした。

ところが、そのキノコは舞うタケではなく、猛毒のドクヅクタケ

このままではフェニ様が毒殺されてしまいます。
ビームを打ちすぎて止まらないブラックゼウスをよそに、ネロクィーンを止めるべく
温泉宿に急ぐゲンキとジェロでした。

というところで「その3」に続く。

どうでもいい内容でおなじみの「あの人は今?」のコーナー。
今回はココホレワン助なのですが、何故か花咲かデリバリーが崩壊したそうです。
事業拡大でレストランや遊園地を経営したところ、気がつけばこの有様。
レポーターの助士すいさいは「欲張りすぎですね」とばっさり。
なんだかなー。

続いては「若神子のハピラキチャレンジ」

今回は予想通り魯神フッドで、内容は「猫の写真の撮り方」を教えてくれるとのこと。

猫を驚かせないようにとか何とかまじめに前フリしておきながら、
いざ猫を目の前にすると「ムッハー!」と鼻息飛ばして大興奮(苦笑)

そして地味に人気ありそうな「うっしーのレッツ早口」
最終回の課題はこちら。

これを見事3回言えたらマジですごいのですが、なんと成功!!
しかし成功したことに興奮しすぎてやっぱり最後にガブリ。あーあ。

で、ミニコーナーのあとはお待ちかね「フェニ様に栄養を!その3」です。

ネロクィーンを追って村まで戻ってきた二人。
そこへフェニ様ファンのおば様たちが「フェニ様がどうしたって?」と立ちふさがる!

この事態にジェロは「かんぺっ機39号・フライングフェニ様」を投入!

「私は聖フェニックスです」と言いながら飛び廻るこのオモチャにオバサンはメロメロ。
追いかけてどこかへ行ってしまいました…。
それにしてもジェロ、準備良すぎです。

そんな頃、フェニ様はウルフライたちに無理やり食卓に座らされていました。
ネロクィーン特製「ラブラブきのこカキ氷」を差し出されるフェニ様、大ピンチ!

しかし妄想と違って随分と貧相な「料理」ですこと…。

一方ゲンキたちのところにブラックゼウスが迫る!
ゲンキを先に行かせるために、一人でブラックゼウスの相手をするジェロ。
それはいくらなんでもムチャクチャでは…。

フェニ様のところにようやくゲンキ到着!
邪魔されまいとネロクィーンが無理に食べさせようとしたところに、
突然飛び込んできたのは…聖フック

「こんのドアホ!キンキンに冷えたモンを病人に食べさせるんじゃねえぜよ!」
そこかい!まあ正論ですけど…。

突然姿を消したフェニックスを探していたという一本釣帝。
この温泉シリーズで初めて若神子が役に立ちました(笑)
ネロクィーンも、実は毒キノコだったことを知って号泣。

さて一人奮闘していたジェロですが、さすがに勝てるはずもなく…。
戻ってきたゲンキたちの姿を見て気を失ってしまいました。

その姿にゲンキは激怒!
「俺は今、猛烈に怒ってる!」

「お前のせいで、フェニ様が毒キノコを食べるところだったんだぞー!」
と、変身してブラックゼウスに挑むゲンキ。

えー、そうか?!
むしろキノコに捕まったところを助けられたんじゃ…?

「何の話ブラ?全く身に覚えのないブラ」
うん、そりゃそうでしょうなあ。

しかし無情にもセブンシールドの波動であっさり砕け散るブラックゼウスの魂。

スーパーゼウスとの絡みも一切なく、そこらのザコ悪魔と大差ない扱いでした。

さて、食欲がなかったのは、ファンからもらった食べ物のせいということが発覚。
ひとつに絞ることもできず、全部を食べきることもできないというので
全く手をつけることが出来なかったというフェニックス。あんたアホですか(爆)
そこでゲンキが「一口ずつ食べてあとはみんなで分ければいいじゃん」と提案。
それを聞いたフェニックスは途端に食欲が戻り、
食事によって理力も戻ってきたのでした。

いよいよ真白域への旅が始まる!?

次回(再来週)は物語が激動!?

この飛行物体はもしや!?

ホログラム映像で登場?!

氷ミコも復活!

なんとイエロスも参戦?!

そしてついに…???

期待して待て!

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月24日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月25日

反後Maaaan!!!

DSの大ブログにタンゴマンこと反後博士のメッセージが掲載されました!
ロッテ公認というだけあって、DSソフトは博士の全面監修のようですね。
あの謎のビックリマンシール風イラストはシール化されるんでしょうか??

さてその中身ですが、反後節炸裂というか何と言うか…。

いきなり「DSソフトの発売日が異常接近」て(笑)
そりゃ発売日は日々近づきますよ、てゆーか言い回しが無理やりっぽい。

「プロトのソフトコンテンツもチョコ菓子同様ジューシー」と言われても
チョコは別にジューシーじゃないですし~。

そもそも反後博士の独特の言い回しは、短い文中に当て字・ダジャレ・時事ネタなど
目いっぱい凝縮された中にこそ味わいがある
と個人的には思うので、
今回のように長々と書き連ねられると、ぶっちゃけ「くどい」と思ってしまいます。

「シール裏書き風にお願いします」と言われてわざとそう書いているのか、
実は普段からずっとこんな感じなのかはわかりませんけど…

今回はいちいち「イカン」と自己ツッコミしてるのも何だか違和感あったりして、
「さすが反後博士!」という感じがあまりしなかったり。

「tango's メッセージ①」ということは、またメッセージが載るかもしれませんね。

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月25日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月28日

Web拍手(6/14~6/28)

拍手レポのお時間です。

一時期に比べると減少傾向にありますが、
考えてみれば更新頻度も減少傾向なので仕方ないですね(苦笑)


では今回もカウント数一覧から。

6/14 6
6/15 0
6/16 8
6/17 1
6/18 0
6/19 0
6/20 12
6/21 0
6/22 0
6/23 0
6/24 9
6/25 7
6/26 1
6/27 2
6/28 0

では、以下個別レスです。

6/24 12:24 最近、更新が遅くて残念です。。。

すいません、ここしばらくは割と多忙で更新が進みません。
世間的な出来事はいろいろあるので更新したい気持ちは強いんですけどね…。

6/24 13:09 WHFではsビックリマンが見事に省かれてます。コロコロ30周年で展示されていたわずかばかりのビックリ
6/24 13:10 マンシールは伝説復刻版あたりのゼウスカーンデビルのみでしたよ(涙

おっと、土曜日のうちにこのコメントをチェックしていれば私も見てこれたのですが(^^;
ごく普通の人からすれば、旧版も復刻版も特に違わないですから仕方ないですね。

6/25 21:47 更新お疲れ様です。まったりマイペースで頑張ってください。

ありがとうございます(^^)
そんなわけで、マイペースでやっていきますのでよろしくお願いいたします。

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月28日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月29日

時限到着:白と黒でしまうまそう

忘れた頃にやってきました、ハピラキ時限クイズ第4&第5ステージの景品シール

マシロシールマクロシールが同時に届きました。
この配慮は嬉しいですねー。

しかし、思ったとおり素材はプリズムだったので
何というか…見た目しょぼっ!

これがプリズムじゃなければ更にしょぼいのは確実とはいえ、
何ともビミョーな印象です。
マシロシール・マクロシールって、私も手にするまではいい案だと思ったのですが
これならアニメキャラのシールのほうがやっぱり良いですね(爆)

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月29日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年06月30日

ジュンのつぶやき

早いものでもう今年も半分が過ぎました。
という書き出しを毎年書いてるような?(笑)

今月の話題は、ビックリマン大事典にまつわる動きが一番大きかったですね。
特典シール、ゲーム内容、大特別版などなど。
発売までまだ一ヶ月以上あるのに、このテンションはいつまで続くでしょうか?!

そしてひかり伝おとぎの予告ムービー公開。
7因バンドに衝撃を受けた人も相当多いようです。
そのうち一人は「アリ因バンド」ということが某ホビー誌に書かれていました。
メイドンもそうでしたが、個人名というよりは記号的な呼び名という感じで
安直な女性名をつけないところがタンゴマンっぽいとも思ったり。
(だから私はベイギャルズの名前に当時違和感ありました。アニメ主導だから仕方ないですけど…)

7月はいよいよ「ひかり伝おとぎ」発売開始!
神羅万象第三章第2弾も出ますが、まあそっちは置いといて。
おとぎは真夏のチョコ決戦を制する事が出来るのでしょうか?!

投稿者: きゅー太 日時: 2007年06月30日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

Copyright (C)きゅー太の一人BLOG.