2007年08月05日

墓なんて出てこないけど六つ墓村・後編

配役おさらい

下呂神家
長男・春彦:ヘルリスト
次男・八平(やへい):ヤマト
三男・持郎(じろう):ジェロ
勘当された長女・純子:十字架天使
養女・美樹子:氷ミコ
母・幸江:ネロクィーン

下呂神家の下男
源太:ゲンキ
正太:守PON児?

弁護士:イエロス
探偵・銀田一毛助:ウルフライ

そういや奥様の名前(幸江)って本編中では出てこなかったような。
まあどうでもいいですけどね。

てなわけで前回の続きとなる38話。
下呂神家の財産争いにより次々起こる殺人事件。
果たして事件の真相は?てゆーか、何でこんな話になってんの??


場面は、長男・春彦に続き次男の八平までもが変死体で発見され、
下呂神家の屋敷で関係者が集まっているところからスタート。

開かずの秘宝を巡る相続争いが原因であるとにらんだ探偵の銀田一は、
弁護士に今一度遺言を朗読させる。
3兄弟の相続条件についてのところまで聞いたところで銀田一。

「つまり開かずの秘宝を手に入れたければ美樹子さんと結婚するしかない。
ところが春彦さんと八平さんは亡くなってしまった…。
随分都合のいい展開ですね?持郎さん」

これを聞いた持郎は「俺が犯人だってのか?」とかみつき、
遺言の続き、つまり3人ともが死んだ場合の項目を読ませる。
3兄弟が死ねば秘宝は美樹子のものとなる、つまり動機は美樹子にもあるということ。

さらに、美樹子も死んだ場合は下呂神家一族の間で分配されるという項目について
動機は遺言の中で名前の出なかった純子や母親にもあると、さらに泥沼の展開へ。

「いやー参りましたねこれは。そう考えると全員に動機がある」と銀田一。

夕方。
庭掃除をしながら話をしている正太と源太のところに、ふらりと美樹子が登場。
話があるといって源太を連れ出す美樹子。


「私、誰も殺してなんかいない。信じて源太さん」
「もちろんですよ、美樹子様がそんなことをするはずがない。
オラは幼い頃からずっとこの家で働いてまいりました。
ドジで間抜けなオラが奥様に叱られるたびに、美樹子様がかばってくださった…。
美樹子様は本当に心の優しい方でございます」
「…私だってずっと寂しかった。本当はこの家の人間じゃないから。
でも、源太さんがいてくれたから頑張れたの」
「もったいのうございます、美樹子様」

…なんか普通のドラマみたいな展開ですねえ…。

ここで源太は、時々自分が別の人間じゃないかと思うことがあり
本当は何かしなくちゃいけないことがあったんじゃないかと考える、と話します。
これがゲンキの記憶なのか、物語に組み込まれたセリフなのかは不明ですが…。

これを聞いた美樹子。
「何を言ってるの?源太さんは源太さんよ!
私、源太さんがいれば何もいらない!
源太さんお願い、私を連れて逃げて!」
と猛烈アプローチ。
ですが源太は…
「いけません美樹子様!オラと美樹子様とではあまりに世界が違いすぎます!
ゆ、許してください!」とまたも逃げ出すのでした。

これを木の陰から純子が見ていたのですが…。

その頃、村の賭博場では持郎がサイコロ博打に興じていました。

半か丁かをわざわざプラカードで意思表示するのは、さりげないギャグなんでしょうか?

持郎は威勢のいい割には一人負けが込んでいる状態でしたが、
「これぐらい、開かずの秘宝が入れば何てことねえのさ」と強気。
あんた、ジェロのときに秘宝をゲットしてたんじゃないの?

そこへ「景気いいのね、持郎」と純子が登場。
「アタシと勝負してみない?アンタが勝ったら銀座のクラブに招待するわ」
「アタシが勝ったら…アンタはアタシの言う事を何でも聞く」
この条件にあっさり食いつく持郎。そんなにクラブに行きたかったの??

「入ります!」
お色気シーンはサスペンスには付き物ですね(?)

で、勝負は「アハハ…!アタシの勝ちね!」と高笑いする純子の勝ち。
悔しがる持郎ですが、なんと純子から美樹子殺しの話を持ちかけられます。

「あの女さえいなくなれば開かずの秘宝はアンタと山分け。悪い話じゃないでしょ?」
「おっかねえ女だな。そんなに金が欲しいのか?」と持郎が話しかけると
「…そうよ。銀座の一等地にいいお店が売りに出ててね…。
フフッ、一度夜の世界に足を踏み込んだ女は、二度と元には戻れないんだよ」
…おいおい、このアニメ本当に日曜朝に放送していいの?(苦笑)

その頃、村の駐在所にて。
銀田一は駐在さんから、下呂神家について情報収集をしてました。

「今回の事件は、どうも単なる相続争いじゃ説明がつかない気がして…」
「そういえば先代がまだ元気だった頃、ごたごたがあったと聞きましたが」
その話を詳しく聞こうとしたとき、外から子供達の歌うわらべ歌が聞こえてきました。
♪死んじまった、死んじまった…

銀田一、この歌詞にピンと来たか?!

そして夜。

純子は吊橋の上に美樹子を呼び出していました。

「純子姉さん、何ですか?話があるって」
「いえね、大した用じゃないんだけど…
ちょっと死んでもらおうと思って」
そう言うが早いか、美樹子を突き落とそうと襲い掛かる純子。

そこに持郎が登場。
「さあ持郎!手伝うんだよ!」と純子がけしかけようとしますが
「何の話だ?」と持郎は知らん振り。
美樹子を助けようとする持郎に、「裏切ったね!」と怒りを吐き捨て逃げ出す純子。

こんな小さな村じゃ逃げたところで知れてると思うのですが。

美樹子を抱きかかえる持郎はというと
「な、これでわかっただろ?お前を守ったのは俺だ。一生守ってやる!
だからいいだろ?俺と結婚するんだ!」
なるほど、確かにこれなら純子と山分けするより効率的です。

そこへ「美樹子様~!大丈夫ですか」と源太が登場。
喜んで駆け寄ろうとする美樹子ですが、持郎に制止されます。
美樹子を心配してやってきたという源太に持郎は
「見てわかんねえのか?俺達ラブラブなんだよ!邪魔だ、消えうせろ!」と一喝。
すごすごと引き下がろうとする源太。
さらに持郎は「俺と美樹子は結婚するんだ。祝いの言葉ぐらい言えないのか?」
源太は消えそうな声で「おめでとうございます…」と言い残し退散。

美樹子の心の拠り所を奪い去り、持郎は不敵な笑いを浮かべるのでした。

一方、腹の虫が収まらない純子が持郎への恨みを愚痴りながら歩いていると、
背後から近寄る足音が…。
それはまたしても、謎の鎧武者!

「ギャーーー!!!」

翌朝。
下呂神家の座敷にて、面々を集めて老婆二人に例のわらべ歌を歌わせる銀田一。
六つ墓村に古くから伝わるというこのわらべ歌に、事件の手がかりがあるというのですが。

♪死んじまった、死んじまった…
カエル様に食われちまって、死んじまった、死んじまった…

「お分かりですか?思い出してください、殺された現場の状況を」

八平さんはカエルに食われ…

春彦さんは沼で…

「この歌とソックリの状況の中で殺されているんですよ」

この銀田一の推理に対し「くだらねえ、それがどうしたってんだ」と持郎。

「そんなことよりみんな聞いてくれ。大事な話がある。
俺は美樹子と結婚する!すぐに祝言を挙げるぞ!」

美樹子もしぶしぶ了承した様子で
「これで開かずの秘宝は俺の物だ!」と高らかに宣言する持郎。
廊下でこの話を聞いていた源太は複雑な表情を浮かべますが、
そのとき外から正太の声が。

「大変でございます奥様!じ、純子様が!!」

哀れ、純子までもが変わり果てた姿に…。

半狂乱に泣き叫ぶ奥様の横で銀田一は
「確かわらべ歌の3番目は、カエルと相撲をとって死んじまった」
確かに土俵のような円が描かれ、周囲にもカエルの足跡が…。

老婆達は「カエル様の呪いじゃ~」と口にしますが、
銀田一は冷静に推理を展開。
「おそらく犯人は、カエル様のせいにするためにわらべ歌を利用しているに違いありません」

しかし持郎は「くだらない」とまたも一蹴。
そんなことより祝言だ!と、周囲の重苦しい空気を無視して結婚式を急ぐのでした。

かくして、持郎と美樹子の結婚式がスタート。


こうしてみるとマリアの先祖というのもよくわかりますねえ。


未だに源太のことを忘れられない美樹子。
「勝った」とつぶやく持郎。

その頃、源太は巻き割り場で一人たたずんでいました。
「いいのか源太?本当にいいのか?美樹子様、結婚しちゃうぞ!」

それでもうじうじしてハッキリしない源太に、
「お前、好きなんだろ?男だったら、愛に命を賭けてみろ!」と怒鳴る正太。
何ですか、この熱い展開は。
そして「バカヤロー!」と叫び、目を真っ赤にしながら源太を張り倒す正太。


源太はこの正太の思いにどう答えるのか?

ところ変わって座敷。
持郎が上機嫌でバカみたいに高笑いするところに「ちょっと待った!」という声が。
源太が来た!

「美樹子様は…美樹子様は……、オラのもんだ!」

「源太さん!」と目を輝かせて駆け寄る美樹子。
「こら、どこへ…」と手を伸ばしかけて、転ぶ持郎。
そして二人は手を取り、正太の手助けもあってどうにか屋敷から逃げ出したのでした。

うーん、ビックリマンということを忘れればそれなりに面白い展開なのですが…。

手分けして源太と美樹子を探すよう指示する持郎。
自分も森を探していると何やら怪しい影が。
「何だお前か、脅かすなよ…」と一安心したのもつかの間、
みるみる表情がこおばり、そして…。

「ウワーー!!」

一方、笑顔を浮かべながら逃避行の源太と美樹子でしたが、
その行く手をさえぎる一人の男が。

「た、探偵さん!見逃してくだせえ」
「お願い!」
しかしそんな二人の願いを受け入れてはくれないようで…。
「いけませんよお二人さん。まだ事件は何も解決していない。
それに、たった今持郎さんが…!」

全速力で逃げてた源太たちよりも、持郎の情報を得た上で先回りしてるとは…
よそ者のくせに地元住民より土地勘があるんでしょうか、この探偵。

それはともかく、ついに下呂神家最後の跡取り候補・持郎までもが謎の死。

わらべ歌によれば「カエル様にひっぱたかれて死んじまった」という歌詞があるそうで、
持郎の顔には確かにひっぱたかれたような痕跡が残っていました。

そして、銀田一がわらべ歌について調べてみたことを語ろうとしたとき
奥様が「お前のせいだ、源太!お前が美樹子を奪ったりするから!!」と逆上し
銀田一の本を奪い取って源太に投げつけてしまいました。

このときのショックで、源太の意識はまたしてもブレて…。

「こ、これは…!」

思い出されたのは、ゲンキたちが秋の里にやってきたときの記憶。


「秋の世界に来たのはいいけど、何も面白いこと無いね」
「何言ってんですか。僕たちは遊びに来てるわけじゃないんですよ」
「そうそう、一刻も早く天児スサノ様に会いに行かないとな」
「そのためには早く冬の世界に行くですの」
「なのなのじゃ」

うわ、何だかすごく久しぶりに安心する会話が。

「秋といったら食欲の秋だろ?」とつぶやくゲンキに、
どこからか「バカモノ!」という声が。

「秋といったら読書の秋だ、本を読め!」

現れたのは活字ジ魔!

しかしゲンキたちは誰も本を読みたがりません。
ジェロまでもが「読書するヒマがあったら発明でもしていたい」とか本末転倒なことを(笑)

そこで怒った活字ジ魔は懐から一冊の小説を取り出し…
「どうしても本が読めないというなら、本の中で生きるがいい!」


とっさに逃げ出した亀を除く4人が、小説「六つ墓村」の中に吸い込まれてしまったのでした。


「思い出した!ここは本の中の世界…俺達みんな本の登場人物になってたんだ!」

そんな活字ジ魔は外の世界で小説を読みながら、亀に語って聞かせます。

「あいつら今頃とんでもない恐怖を味わっているに違いない。
この本のラストを教えてやろう」
推理小説のラストを教えるなんて、あんた読書家の風上にも置けない悪魔だ!

「恨みを持った犯人に全員が殺され、呪われた下呂神家は炎の中で燃え尽きるのだ!」

大変!このままでは全員死んでしまう!?
けど、だとしたらもう死んじゃったキャラはどうなるの??

さて再び小説の中の世界。

銀田一は全員を一同に集めていました。
「今回の事件の謎は解けました」

「わらべ歌になぞらえた今回の事件。相続争いと思われた事件でしたが…」

事件の真相が今、明らかに!?

「真犯人がわかりました。それは…あなただ!」

「正太さん!」

あまりに意外な事態に騒然とする一同。
もちろん当の正太も潔癖を主張します。
「な、何を言っているんだ?僕は下呂神家の人間じゃないし、動機が無いじゃないか!」

しかし銀田一は冷静に反論。
「いいえ、動機ならあります」
それを聞いて一瞬顔色が変わる正太。

駐在さん情報から調査を進めた結果導かれた“動機”とは?
「動機は、お母さんのカタキです」

それを聞いた奥様は「まさか、あの女が?!」と動揺。

「そう、亡くなった先代には、実は心から愛していた女性がいたんです」

みるみる奥様の顔つきが険しくなっていく中、銀田一は続けます。

「このままでは開かずの秘宝がその女のものになってしまう。
そう考えた下呂神家の人々は、獣のように彼女に襲い掛かり…」

「だが彼女には人知れず子供がいた。それがあなたですね、正太さん!」
ぐぐぐ…と顔をしかめる正太。
そのとき…「ちょっと待った!」の声が!
あれ?さっきもこんなシーンあったような??

「もうこんな話はイヤだ!」

この衣装…どこから調達してきたんですか?

「げ、源太?」
「俺はゲンキだ!話が暗すぎるよ…こうなったら俺がストーリーを変えてやる!」

明るい推理小説ってのも珍しいと思いますが、ゲンキったら一体何を??

「みんなよく聞くんだ。実は誰も殺されてなんかない!
先代が愛したのはカエルだったんだ!」

何ですか、よりによってこの前後無視のハチャメチャな筋書きは?!

外の世界から様子を伺っていた活字ジ魔も唖然。
「な、なんだ?おかしいぞ!ストーリーが変わっていく…」

ストーリーが変わったせいで、他の登場人物にも変化が。

「そうよ、今まで黙っててゴメンなさい!先代が愛したのはカエルだったの」と奥様。

ゲンキも「先代はカエルマニアだったんだ!」とダメ押し。
奥様も「私達は可愛そうなカエルを逃がしてあげただけよ~」

すると正太は「母さんが…カエル?何を馬鹿なことを言ってるんだ!」と当然の設定破綻。

しかし「いいえ!その話は本当です!」と今度は持郎ならぬジェロが登場。

「持郎さん、生きてたの?」と驚く美樹子ですが
ジェロは「真犯人をいぶりだすために死んだフリをしてたんです」としれっと返答。
ヤマトと十字架天使も元の衣装でのこのこ登場。
「だから言ったろ?誰も死んでないって!」

こんな簡単にストーリーが変えれるなら、何故先週の段階で破綻しなかったのやら…。

そしてヤマトたちが持ってきた箱こそ「開かずの秘宝」。
開けてみると、中にはカエルが…。

「開かずの秘宝の正体は先代が心から愛したもの」
「それはあなたのお母さんですの」

見れば死んでしまうとか、好きなもの一生食べ放題の価値とかいう設定はどこへ…。

活字ジ魔はといえば
「うー、わけがわからん!なんだこの展開は!」

いや、だからそれは視聴者のセリフですってば。
とはいえ、こっちのほうが断然ハピラキらしい展開ですけどね。

さて中の世界。
正太は不敵な笑みを浮べ「…正体がばれてしまってはしょうがない」と立ち上がります。
あ、連続殺人(未遂)の真犯人という設定は変わってないわけですよね。

「全員あの世に送ってやる!母さんが死んだのは変わりが無い!」
するとみるみるまに正太の姿が巨大なカエルに変身!

誰かマクロシール使ったの?

正太はついに屋敷を破壊するほどにでっかくなり、大暴れ!

しかし十字架天使が「秘宝」を手に訴えかけます。
「このカエルさんは生きてますの!冬眠してただけですの!」

えええーー???

感動の母子対面!
我に返った正太はするするとしぼみ、小さなサイズになってしまいました。

このカエルって9弾天使「大油師」ですね。だから正太は「守PON児」だったのかー。

こうしてカエルの親子は仲良く池に戻っていきました。
「事件解決!ビックリビクラッキー!!」

ゲンキのひかりセブンが輝くと、外の世界の小説から光があふれ出し…。

見事に小説世界から脱出!!

そのまま吉福神召還、毘沙タモンの力でパワーアップし、
ビックリシタナー猛風で活字ジ魔の小説を吹き飛ばしてしまいました。
(別にパワーアップしなくても関係ない感じですが)

あとは十字架天使がマシロ化させ、活字ジ魔はコミック画王にチェンジ。

ちなみに吹き飛ばされた小説から氷ミコやイエロスたちも抜け出ていました。
「あれ?あたい今までどうしてたんだろ?」
「アタタ、奴らをハメるつもりが、ミーも巻き込まれてしまったデース」
やっぱりお前が黒幕か!
でもあっさり小説に取り込まれるなんて、あんた超聖使のくせに本当に情けないなあ…。

てなわけで、コミック画王がかけてくれた虹の橋を渡って冬の世界へ急ぐゲンキたちでした。

2週もかけてパロディやって、最後の数分で強引にいつもの展開に持ち込んだ形ですが
せめて1週に収めていればよかったんですけどね。

そうそう、ネロクィーンとウルフライはというと…。


別の小説に入り込んでしまったようです。
で、六つ墓村の中で終始スルーされ続けてたのっぺらスケキヨ(仮)。

結局何者だったのやら…?

投稿者: きゅー太 日時: 2007年08月05日 00:00 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kyu-ta.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/882

コメント (4)

non:

はじめてカキコします。
この話、すっごいつまらなかったデスよね。
何がしたかったんでしょう?
意味が解りませんでした。

Posted by: non | 2007年08月17日 17:58

ランタ:

金田一耕助の八つ墓村のネタです。ちなみにフィギュアでています。宝島シリーズ、80年のおもちゃ発売中ビックリマン有り。とくにその他メーカーのオマケシールが貴重です。すでに僕は買った。

Posted by: ランタ | 2007年08月17日 22:20

non:

その位は解りますよ(苦笑)
ただ、ソレが何なのか?2週も必要だったのか?
ビックリマンとして意味があったのか?と言ったら
無かったのでは?と個人的には思います。

何よりもつまらなかった…。

Posted by: non | 2007年08月18日 00:08

きゅー太:

おお、珍しく私抜きで会話が成立してる(笑)

それはともかく、今この時期に突然パロディで2話も使う意味は全くわかりませんね。
大御所の作家さんが気まぐれに「俺にも書かせてくれよ」と言い出したみたいな、
そんな理不尽さを邪推してしまったり…。

でも、ビックリマンだということを忘れている間は
それなりに内容に没頭できたというのも事実なので、
朝の眠い時間帯とはいえそれなりに楽しめた部分も無きにしも非ず。

とは言え、これをやるぐらいなら他の層の話とかに使ってほしかったところですけどね。

Posted by: きゅー太 | 2007年08月20日 01:36

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C)きゅー太の一人BLOG.