2009年03月 アーカイブ

2009年03月01日

Web拍手(2/1~2/28)

何だかんだ言いつつ、今月もWeb拍手レポートのお時間です。

2月の拍手総数は55件でした。(前月比37件Down)
頑張って更新してもあんまり伸びなかったのは残念なところですが、
昨今の寒々しいシール業界を振り返れば仕方のないところかと。
って、自分のブログの閑散ぶりを業界の話題に転嫁するのもなぁ~。

それはそれとして、以下拍手コメントに対する返信です。

2009/02/03 15:30
遅ればせながら、1月の記事「ときめきマテリアル」への感想です。
ビックリマンは公取委に目をつけられた過去があるので、
似たようなホビーに比べて、あまり自由に素材展開ができないか、
自主規制しているんじゃないでしょうか。
もっとも、ひかり伝がヒットしない原因として、
「ノーマルキャラは一般的じゃない難解なネタをつめておいて、
ヘッドは人気キャラや重要そうなキャラを出しとけばいいだろ」
という、マルコ編以降の展開を変えられなかったのも、大きいと思いますが…

公取委の影響が未だに尾を引いているというのは、的を射ているかもしれませんね。
まして当事者であった反後博士の立場では、また何かやらかせば2度目ということで
さらに厳しく取り締まられる危険もあるわけですし…。

ひかり伝は1弾2弾の頃に比べて、3すくみの扱いがどんどん薄らいでますね。
ここをもっと力を入れていかないと、そりゃ人気も出ないでしょうね。

2009/02/13 20:06
更新おつかれさまです。いつも楽しみに見ております。
なんか今回はネタもない中での非常に厳しい更新だったのではという感じを受けました・・・。(スイマセン)
ひかり伝、ニャンダーはさておき、ホロセレの第三弾はでないのでしょうか・・・。
個人的には、もともとホロでもなんでもなかったキャラでも出されたら絶対買ってしまうのでしょうけど。
とりあえず、何がしかシリーズの新情報が欲しいところですね。
では、失礼します。

はい、ネタはありませんし事実厳しい更新です(笑)
ホロセレの3弾は、これこそもうネタが厳しいところでしょうか。
1弾よりも2弾のほうが売れ行きは鈍かったみたいですし…。
やはりメジャーなキャラじゃないと、180円の壁は突き抜けにくいのかも。

2009/02/13 19:08
同じロッテ製品のコアラのマーチやパイの実を抑えての15位に驚きました。
一人3個しか買えなかった頃、味を支持してる人が周りに居なかったもので…。
2009/02/15 00:23
15位のビックリマンチョコはチョコじゃなくてウエハースだと思うよ。

gooのアンケートネタの反響ですね。
やはり、お店で目にする機会が多いと印象にも残るんでしょうか。
あとビックリマンチョコは、パッケージにも書かれている通りチョコレート菓子ですよ??
個人的にはコアラのマーチはクッキー系かと思ったのですが、あちらもチョコレート菓子ですね。

2009/02/23 12:24
トライゴンは反後博士の造語ではなく、
実際に三角形をそう呼ぶこともあるそうですよ。

あら、ホントですね。これは知らなかったです。
でもさすがにヘクサアングルやトリオーバルは造語…ですよね??

ではでは、今月もよろしくお願いいたします。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月01日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年03月03日

シールは入っておりません

そろそろいちごつみが新弾に切り替わる時期と踏んで
お菓子売り場を探していたら、面白いものを見かけました。

ロッテ「クリスピーチョコウエハース<ソーダ>
なんとも見覚えのある形状をしているのがわかるでしょうか?

中身はこんな感じです。

見覚えがあるどころじゃないですね。
ほとんどそのまんまです。

そう、この商品はどう見てもビックリマンチョコを流用した商品
チョコにソーダ味の飴が練りこんであるだけで、それ以外は
少なくとも素人目に見た感じ、ビックリマンチョコとまるで同じものです。
パッケージも、向きが縦横逆なので一見気づきにくいですが、同じスタイルですね。
違う味のチョコ、作れるんじゃないですか~。

肝心な味のほうは、まあ見た目通りというか、なんとも面白い感じで
一度ぐらい試してみる価値はあるかもしれません。
普通のビックリマンチョコでも、たまに食べると結構うまいので
単純にどちらがおいしいかは比べられないです(笑)

にしても、ひかり伝やニャンダーがストップしている現在では
去年のサンマガ50thチョコに続き、チョコ生産施設を無駄にしないためか
いろいろ動いているようですね。
ちなみにこの商品、裏面を見ると生産日は2月19日のようです。
全国発売のようなので、それなりに量も作っていそうですね。

それにしても、この商品1個70円なのですが
サイダー分を加味してもシールの価値が10円前後って、高いのか安いのか…?!

余談ながら、いちごつみも同時に新弾が発売になっていたようです。

新キャラが…こちらも探さねば。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月03日 00:00 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年03月05日

メカメカしいの!

おそらく誰もが一度は思ったことでしょうが…。

スーパービックリマンって、「バイオ悪魔VSメカ天使」じゃないですか。
それなのに、悪魔ヘッドがどう見てもバイオじゃなくメカなのは何故なんでしょうね?

一般の悪魔は、既存の動物と融合したようなデザインで
確かに「バイオ悪魔」な姿をしていますが、
スーパーデビルやサタンマリア、ブラックゼウスはいずれも天使同様にメカメカしい姿
これでは「メカ悪魔VSメカ天使」です。

ところであのメカ武装は、理力・魔力を極限まで高めることで発露する
「サイバーアップ」の産物というのがあの世界の設定ですよね。
中には本当にメカで構成されている魔肖ネロや魔スターPみたいなやつもいますが、
一部の実力者しかサイバーテクターを身につけられないのであれば、
実力の劣る一般悪魔を手っ取り早く強化するためにバイオ改造したと考えるのが
もしかしたら自然な話かもしれません。
トロイのアリババなんて、ずいぶんバイオ悪魔してますよね。

でもそうなると、メカ武装している一般の天使やお守りはどうなんでしょう??
そんなに実力があるようにも見えないキャラもいますし、
事実、悪魔との戦いでは劣勢を強いられているような。

そもそも、サイバーアップによるメカ武装
本当にメカを装備するメカ武装の違いがいまいち不明確ですよね。
スーパーデビルやダークヘラなどは、サイバーアップ後の姿なんでしょうか。
だとしたら、年がら年中あの姿のままなのは何故なんでしょう…。

ま、そんなことも「バグ悪魔VSギガ天使」の無意味さに比べれば
どうってことないレベルの話かもしれませんけどネ。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月05日 00:00 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年03月08日

レスラー軍団inロッテ

そういや日テレでプロレス中継が打ち切りになるそうで。
開局時よりほぼ続いていた地上波での放送が無くなるそうですね。

その話でふと思ったのですが、ビックリマン悪魔VS天使編が始まった当時って、
プロレスがブームなんでしたっけ?

というのも、初期のキャラにプロレスモチーフのキャラが
割と多数存在するからなのですが。
1弾だと、ゴッドマングース・ミスター助っ人・妖怪スネーク魔人の3すくみを筆頭に
お邪魔王、ニンニク満助もプロレスラーっぽい姿をしています。
もしかしたら十字架天使のあのコスチュームも、女子プロをイメージしたものかも?

2弾でも、タコイカ天女とダンプ魔重は(直接的にはラーメンがテーマですが)レスラーしてますね。
確かに80年代から90年代にかけては、馬場・猪木あたりから藤波、ジャンボ、長州力、天龍など
私でも名前を聞いた事のあるレスラーが活躍した時期ですもんね。

ビックリマンでは時代の流行を取り入れたキャラが多数登場してましたので、
この流れも当時のプロレス人気を考えれば納得なところかもしれません。
何より、その後は他社から「覆面レスラーシール入り」のお菓子が発売されたぐらいですし(笑)
ロッテでも「仮面武闘界」というシールが出てたりもしましたっけ。

ちょっと前ならK-1とかをモチーフにしたキャラも出てたかもしれませんね。
最近だと…何でしょう?

今の反後博士の思い描く悪魔VS天使の世界観では実現が難しいかもしれませんが、
現代だとどんな3すくみが生まれていたかを想像するのも楽しいですね。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月08日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年03月11日

西暦1985ケンタッキー

かつて道頓堀川に投げ入れられたカーネルサンダース人形が
24年ぶりに発見された
ことが話題になってます。
ま、詳しい経緯とかは改めて説明することもないので省きます。
知りたい人は勝手にヤホーででも検索してください。

さて、カーネル人形が投げ捨てられた1985年というのは
ちょうど悪魔VS天使シールが発売になった年
トラキチなグリーンハウスがバースをモデルにスーパーゼウスをデザインし、
さらに職権濫用(?)でタイガー王神を生み出した年でもあります。

あれから24年。
未だにビックリマン悪魔VS天使編は続いているわけですが、
あの当時以降、第二のヒットに恵まれるとも言いがたい状況が続いているわけで、
ある意味タイガースにおける「カーネルの呪い」と歩調を合わせるかのように、
ビックリマンもどことなく停滞していると言えるかもしれません。

そんなわけで、今回のカーネル人形発見にともなって阪神が優勝するならば、
ビックリマンも今一度往年の人気に匹敵するヒット作が生まれるカモ!?

…そもそもカーネルの呪いなんてものが現実に存在するかどうかもアレですが、
ファンの勝手な期待というのはどの業界にも存在するんでしょうね。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月11日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年03月14日

GReeeeNHouse!

突然ですが、あのグリーンハウスのホームページ
本日劇的にリニューアルされました!

http://www3.osk.3web.ne.jp/~greenh/index.html

グリーンハウスとしてこれまで手がけてこられた数々の食品パッケージなどはもとより、
特筆すべきはビックリマンが単独カテゴリーで紹介されていることではないでしょうか。

そこには、旧シリーズ以外にも超元祖や近年の付録シール、幻のオリオンゼウスなども…。
さらには未公開没画の一部も掲載されており、ファンにはたまらない画像が目白押しです。

そしてビックリマン以外のグリーンハウス作品ももちろん紹介されていました。
南商研シールやねとらん者、上海鑑定団に謎のジパング伝説、バトル騎士などもしっかり掲載。
まさにグリーンハウス名鑑とも言うべき作品群が並んでいて圧巻です。

そんなわけで、皆さんも是非とも一度のぞいてみてはいかがでしょうか?
※米澤さん、宣伝こんなもんでいかがっすか?(笑)

それにしても、会社概要のページの「主な取引先」に
名だたる企業に並んで「上海鑑定団」が掲載されているのが、
失礼ながら思わず笑ってしまいました。

GxSシール、ジパング20thシール以外にも新たなムーブメントがあったりするんでしょうか?!

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月14日 00:00 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年03月17日

やっとこさクライマックスだぜ!

公式サイトにて、聖魔十戒の相関図アーカイブがついに公開!

先日ようやくシールアーカイブが公開されたばかりですが、
ここにきてついに相関図のほうも更新されました。
この数ヶ月分の遅れは何だったのかわかりませんけど、
停滞していたビックリマン業界もやっと活気づきそうな気配です。

さて、その相関図ですが…

いつも以上にすっきりまとめられてはいるものの、
それほど目新しいつながりは少ないようにも思えます。
「○○をめぐる3すくみ」という紹介も、
取ってつけたように意義が希薄な気がします。

てゆーか聖魔十戒の3すくみって、大半のキャラが「海」をモチーフにしてるせいで
どれも似たり寄ったりで個性が感じられないんですよね…。
それでいてストーリー上でも立ち位置がよくわからないので、
キャラ番王子と12源徒以外は何のためにいるのかさっぱりです。

そんな愚痴はほどほどにして、そのストーリーですけど
「ホワイトレンソイス」「ブラックイルリサット」「バサラストレッド」って
源層界に存在していたんですね。
裏書とか全然まともに読み込んでなかったので気づきませんでした。
「聖魔暦」で2聖王により源層界が創造されたことは書かれていましたが、
聖魔十戒の舞台はセノーテラスの先のまた新たなエリアかと思いこんでました。
いやはや。

で、この相関図の最大のチェックポイントはここでしょう。

「いよいよひかり伝はクライマックスを迎える!」

…あれ?
この一文って、どこに掛かっているんでしょう。
聖魔十戒の案内文にてこのメッセージが書かれているということは、
もしかして「聖魔十戒=クライマックス」なのでしょうか?
なんだか「俺たちの戦いはこれからだ!」的な雰囲気も感じられるような…。
それとも素直に受け取って、「聖魔十戒の次=クライマックス」??

でもまあ、どう考えてもこの時点でクライマックスにはなってませんよね。
ということで、次の弾でクライマックスだと信じたいです。
商業的にも、この先何弾も売り続けられるとは思えませんし…。

いよいよこれまで語られてきたひかり伝のストーリーが、
旧ビックリマンのストーリーとジョイントする日が来るのでしょうか??

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月17日 00:00 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年03月19日

BIKKURIの神様

先日リニューアルされたグリーンハウスさんのサイトにて、
大きく紹介されていたこの図柄に驚いた人も多かったのではないでしょうか。

「BIG」とはサッカーくじ「toto」の一種で、最高で6億円が当たるシロモノだそうで。

いやー、私も完全にノーチェックだったのでたまげました。
「BIGの神様」という、アリババが白銀聖衣をまとったようなスチャラカなキャラなのですが、
ここまであからさまにビックリマンテイストなデザインなのに
全く情報が入ってきてませんでしたから。

「BIGの神様」といえば、浅野忠信さんら何人かが神様に扮して
ダーツの矢で6億当たる人をテキトーに選ぶテレビCM
が思い浮かぶところですが
ではこのグリーンハウスの描いた「BIGの神様」は一体どこに…??

ということで、totoが買える宝くじ売り場に赴いてこんなものをゲットしました。

「6億円当せんデータ集」
ホッチキスで綴じてある、全11ページでパスポート程度の大きさのペラい小冊子です。

ここにもCMと同じく浅野さんが描かれているのですが
中を開くと…。

ありました~!

何の脈絡も無く、突然ビックリマン風の神様が登場。
その後もページの端っこにちらちら登場しています。

ここまでビックリマンを意識したデザインということは、
おそらくtoto側がそういう依頼をしたのだと思うのですけど
一体どういう意図でわざわざビックリマン風のデザインを必要としたんでしょ?
そうでなくても、テレビCMの路線とは全然揃ってないのが気になります。

ちなみに、せっかくなのでBIGを買ってみようかと思っていたのですが、
めんどくさくなってスルーして冊子だけもらって帰ってきました(笑)

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月19日 00:00 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年03月22日

いちごつみリニューアル!

いちごつみチョコの新作をようやくゲットしました!

いちごつみって、コンビニには滅多に入らなくて
スーパーなどだと在庫がハケるまで棚に並ばないため
なかなか見つけることができませんでした。

まあ、いちごつみは半年スパンの商品なので
慌てる必要は全然無いのですけど、
ブログ主としては情報は鮮度が命なので、
コンプはともかく第一報は早めに流したいところでした。
それでももう発売開始予定日から2週間以上過ぎてますが…。

てなわけで、8シーズンに渡って続いてきた「イッチー」のシリーズが終わり
今期から「うさいちご」といううさぎの女の子が主人公のシリーズがスタート。
「いちごばたけのなかまたちシール」が登場です。


なんというか、いちごつみにもゆるキャラの波がやって来たようです。
どことなく「うさるさん」「おみくじら」にも通じるようなデザイン。
うさいちご以外にも、「ぞういちご」や「モンキーいちご」など
色々な動物をモチーフにしたキャラがいる様子。

では、のんびり集め始めましょうかねえ。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月22日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年03月24日

World Bikkuriman Classic

スポーツ全般にまるで関心の薄いこの私ではありますが、
世間の風に当てられてか、久々にソワソワしてしまってたのが
WBC(ワールドベースボールクラシック)
ご存知の通り、日本代表チームが二連覇を達成したということで、
不景気に沈みがちな日本にうれしい賑わいをもたらしてくれそうです。

さて、シールコレクターならばおそらく皆さん同じことを考えたと思います。

「ビックリマンプロ野球チョコ」のWBCバージョンを作れば売れるんじゃない?

…と。

そこで、この話をもう少しブレイクダウンして考えてみましょう。

まず、誰が名づけたか「侍ジャパン」という何ともモニョる名で呼ばれた選手たちは、
途中で追加招集されたメンバーを含め総勢29人
シールの枚数としてはなかなか手ごろなところです。
ここに監督を加えて全30種というのもアリかもしれません。
もしくはこの方を加えて全30種とか(笑)

で、そのうち過去にシール化されたことのある選手は
なんと18人もいます。
よって、WBCバージョンのシールを作るにあたって
新規に描き起こす必要があるのは残る11もしくは12人。
シール化済みの18人は、ユニフォームだけちょちょっと修正すればOKでしょう。
これでデザイン料や納期の短縮が図れますね。

しかし、実在の人物をシール化するわけですから
おそらく当の本人がシール化をOKしないことには始まらないと思われます。
つまり、残るメンバーのうち一人でも拒否すれば、この企画そのものがアウト!
イチロー選手などは気難しそうなので、もしかしたらシール化を嫌がるかもしれません。
(逆にノリノリだったりして?)

もう一つの問題は、発売時期でしょう。
今は優勝ムード一色で大いに盛り上がっていますが、
今からシールを作ってチョコを売るとなると、一体どれくらい日数がかかるか…。
あらかじめ下準備を進めていたのでもなければ、全然間に合わないと思われます。
しかし優勝したからこその企画でしょうから、そんな下準備をしてたとも思いにくいところ。
となると、順当に行っても発売は6月ごろになってしまうんじゃないでしょうか?
でも、もともと2009年版の新キャラ用にWBC候補選手を中心に選んで進めてたりしたら、
4月中旬ごろに緊急発売!というのも不可能ではないかも??

でも、私の予想では…WBCバージョンは発売されないと思います。
そんなしたたかな手腕が発揮できるとは思えませんので(爆)

もし発売されたら、あおりを食ってひかり伝の新弾が発売延期になったりして?

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月24日 00:00 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年03月28日

第0次歴史大戦!

去る3月14,15日に開催されたセガ主催のイベント「やっぱ遊びな祭09」の場にて、
とあるカードゲームについての情報が初めて公開されたそうです。

そのゲームの名は「歴史大戦ゲッテンカ」
検索して色々巡ってみると「ビックリマン風の戦国カードゲーム」だそうで、
「子ども向けかよー」と三国志ファンが軒並みガッカリしたという話などが紹介されていました。
しかしながら、その「ビックリマン風」というところに強く興味を惹かれるいい大人もいるわけで、
私は「戦国絢爛チョコ」はまるで気にかけていないほどの非・戦国ファンなのですが
ゲッテンカについては公式サイトの絵柄を見て期待感を増していた一人だったりします。

「ビックリマン風」と言われていますが、これまさにグリーンハウスのお仕事に相違なく、
事実先日リニューアルされたグリーンハウスのホームページにて
「主な取引先」のところに「(株)セガ」と書かれているのがズバリこれのことだとか。

そんなわけで、「ねとらん者」以来のビックリマン風カードとなる「ゲッテンカ」ですが
一般稼動に先駆けてロケテストが行われるということで、はるばる葛西のヨーカドーに行ってきました。
(告知では29日とのことでしたが、実際は28日からロケテが行われてました)

さて、カードゲームといっても具体的にどんなものかというと、
ムシキングやらDQバトルロードやらと同じような、
いわゆる「トレーディングカードゲーム方式のアーケードゲーム」
まあ、私みたいなド素人のほうが少数派かと思いますので、詳細は割愛します。

ロケテストというのは、全国での一般稼動前に一部の施設で試験的に稼動させて
ユーザーからアンケートをとったりするものだそうです。
で、この手のカードゲームの場合、ロケテストで使用されるカードは
後の一般稼動時のカードとは微妙に仕様を変えることが多いそうで…。
いわゆる「ロケテ版」という、0弾や試験版みたいなバージョンが往々にして存在するとか。

…コレクターとしては、まさに最大にして最凶な難関!

ということで、目的はもちろん「ロケテ版のコンプ」です。
いやらしい話ですが、今回はゲームを遊ぶということは完全に二の次となっております(^^;

なんやかんやで私がお店に着いたのは午後5時ごろでした。
告知前ということで、2台用意されたゲッテンカの筐体に挑む人はかなりまばら。
子どもや親子連れがちらほら遊んでみたり、たまに私と同世代の人が少し試し遊びしてたり。
がっつりとコレクションに励んでた人は、その時間帯では知り合いのコレクター一人だけでした。
ちなみに、ゲームを遊ぶと限定下敷きが、アンケートに答えると販促ステッカー1枚(全8種)
もらえるというオマケつき。

ところで、ゲッテンカのカードは大きく3つのタイプに分かれています。
「武将カード」「アイテムカード」「武器カード」で、
ゲームでは武将カードにアイテムカードや武器カードを重ねてパワーアップという設定。
どこぞのパンゲアクター仮面武闘界みたいですが、なかなか面白い趣向です。


ちなみに武将キャラは、実在の歴史上の人物がモデルなのですが、
名前や特徴がかなりファンタジックにアレンジされています。
そういうところが、グリーンハウスのセンスが問われるところでしょうか。

でもってこれらが6種ずつ、全18種ということなのですが…。

…この手のトレカって、そういうものなんでしょうか?

6種の中で1種だけ、他と段違いで出にくい激レアとなっていました。

15種まではすぐに揃うのですが、18種揃えるのはとんでもなく厳しいです。
冗談抜きで、何度心が折れそうになったことか…(爆)
午後7時頃には、人も少なくなったおかげで気の済むまで回し続けられたのですが、
最後の1枚が出た瞬間は本当に嬉しかったです。

そんなロケテ版カード。
しっかりと全てのカードに「TEST Ver」と記載されています。

今後ロケテが何回あるのかわかりませんが、コンプを目指すなら相当粘る必要があるかと。

せっかくなので、激レア3枚の組み合わせでゲームを遊んでみてもよかったのですが、
それまでの戦いで既に精根尽き果てていたため、そこまで頭が回らなくなってました。
いずれ本番が稼動したら、また試してみたいところです。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月28日 00:00 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年03月30日

ニャンダー漫画第4話掲載す!

2ヶ月に一度のお楽しみ(?)、コロコロイチバン!で超人気(自称)連載中の
「ニャンダー決闘伝」が今回も無事掲載されておりました。

前回、壮絶なドタバタ劇の末になんとか7階の刺客を突破したうさボクサーたちは
意気揚々と8階へ向かったのですが…。

いきなり「完」。
って、えええええ??

ニャンダー不人気に対する皮肉なども込められているのでしょうか??

そんな感じで、いつもどおりのユルいギャグ(褒め言葉)で進行する「決闘伝」。
今回の内容は8階で待ち受ける強敵たちとのバトル!
どうでもいいですけど、住人に勝てばそのフロアに住む権利がもらえるという設定は
今でもまだ生きているんでしょうか?
だとしたら、うさボクサーたちは既にウハウハな生活で、あえて上を目指さなくてもいいのでは…。

そんなこんなで、どうにか8階をも突破して
残すはビックリマンションの黒幕、9階の猛者との対決のみ
そしていよいよクライマックスとのことです。

何にしても、今号で打ち切りじゃなかったのがいい意味でのビッグサプライズでした。
次号で、マンション最上階にいるという神?の正体が明らかになるでしょうか??

そういや、ネットアニメのほうはすっかり音沙汰なしですね。
あの爆神ネタは何だったんだろう…。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月30日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年03月31日

月刊ブログ裏通信3月号

まだまだ寒い日が続きますが、気がつけばもうすぐ4月です。
不況のあおりを受けて派遣社員さんが大量にいなくなってしまうので、
仕事の引継ぎや送別会の手配に忙しかった…とかいうと生々しすぎるでしょうか?

さて3月を振り返りますと、WBCやらダンディーラーorのんか先生の離婚話はさておき
久々にグリーンハウス関連のネタが集中した月となりました。
ホームページのリニューアルに始まり、BIGの神様やらゲッテンカやら。
(BIGの神様は先月のうちに世に出ていたようですが)
この調子でひかり伝新作でも見せ場があったりしたら最高なんですけどネ(^^;
公式サイトでも、ひかり伝関連で動きが見られましたので
期待は高まるところです。

そういや上海鑑定団のアレはどうなったのかな…。

あとはいちごつみがリニューアルされたぐらいでしょうか。
来月はいよいよ神羅万象の新章「王我羅旋の章」が登場します。

なんだかんだで、コレクターに休息はありませんね(笑)

ちなみに、毎月ぶつくさ言いながら紹介していた"アレ"については忘れているわけではなく…、
いいタイミングが無かっただけなので、来月まとめて記事にします。

投稿者: きゅー太 日時: 2009年03月31日 00:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)

Copyright (C)きゅー太の一人BLOG.