2014年01月11日

シンオクの巨額出費?

既に多くの方が話題にされてるところですが、
今年は昨年以上におまけシールの新シリーズ投入が相次いで予定されています。

「境外滅伝」の第2弾が早々と予告されていて今から胃が痛いところですが、
そんな中でも話題の急先鋒なのが「シンオクシール」でしょうね。

スタジオメルファンの存在がコレクター業界で知られるようになったのは
つい半年ほど前のことだったかと思うのですが、
最近の情報によって他にもさまざまな「マイナーシール」が
実はメルファンデザインだったことが明らかになってきています。

1985~90にかけてのおまけシールブームは、
ビックリマン・ジパング伝説を手掛けたグリーンハウスが一大勢力かと思いきや、
ガムラツイスト・ラーメンばあ以外にもオバキッド・魔鏡伝説・ビックリコなど
ビックリマン以外の多くのアイテムをスタジオメルファンが手掛けてらしたわけで、
おまけシールの販売元や種類は数あれど、
イラストをたどれば数社のデザイン会社にたどり着いてしまう状況だったようで(笑)
これまであまり話題にされてなかったのがむしろ不思議なほどなのですけど、
30年近い時を経てこうして裏話が語られてくるというのも感慨深いものです。

それはさておき、シンオクシールについての情報がどんどん公開されてますね。
未だに私のPC・スマホではブロックされて見れないのですが…。
トレンドマイクロ社向けに安全性評価の申請を出すだけで済むと思うんですけど。

なので、ブロックされるまでの数秒間だけ見れる情報をかき集めて
情報をまとめてみました。

『真おくのほそ道しょうゆキャンディー』

第0弾は44種。内訳は以下の通り。
・キラシール21種(ノーマル16種・レア5種)
・Wシール21種(ノーマル16種・レア5種)
・トップシークレット(ホロ1種)
・抽選交換シール1種

キラシールとWシールは箱が別々で各18個入り。(ダブりなし)
(トップシークレットはどちらの箱にも入りうる)
レアの封入率は1箱あたり2~5種。

販売経路はAmazonのみ。
1箱あたり8640円!
購入特典で2箱ごとに抽選交換シール1枚つき。初回購入のみさらに1枚。
他にも抽選交換シールがもらえるキャンペーンも予定されてるとか。

とまあ、結構複雑なシステムにも見えるのですが、
コレクター的には「何箱買えばコンプできるのか」が焦点ではないかと。

キラ箱もW箱も1箱ずつではコンプできません。
コレクターならWシールは未はがし用・はがし用で2コンプ必要なので
それも考えると、キラ箱1つとW箱2つで、抽選交換シールを駆使して
残りのレアを集める…というのも、コンプには届かないでしょう。
そうなると2箱ずつ買って、出なかったレアは交換で…
というのが、現実的に手堅い路線でしょうか。
Wシールのレアを未はがし収集するためにキラ1:W3で買うパターンが多いかも。
何とでも交換できる「絶対交換シール」もWシールの枠に含まれてますし。

…けど4箱で34560円…。
全然現実的じゃなかったです。
いくら漫画やWebで付加価値を付けて盛りあげてもらったとしても、
一度にこの出費は正直イタイですね…。

あと、イラストがまだ一部しか公開されてませんが、
今のところグッと感じ入るほどのデザインは…。
結局のところ、集めたいと思うかどうかが最大のポイントですからねー。

投稿者: きゅー太 日時: 2014年01月11日 00:00 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kyu-ta.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1913

コメント (5)

きゅー太様へ
大変申し訳ございません。去る1/10と1/16にホムペを作成している友人に伝えて、1/10の際は作り始めたばかりなので、あと1週間でスムーズになります、とのことでした。不安だったので、取引先で8社中、1社のデスクトップから見れないというのがあったので、1/16に確認してみたところ、見れるようになったから、というので解決済みだと思ったのですが。
またJimboProというものでホムペを作成しております。ドイツ本社です。日本法人はあるのですが、JimboJapanでは電話サポートが出来ないとのことで、先ほどメールで問い合わせをしました。
ブロックされてしまいながら見るとのこと、大変申し訳ないと同時に、友人にまかせていたので、ここはシンオクの方でどうすればブロックされないか問い合わせしておりますので、わかり次第またこちらにコメント入れます。1週間以内にやります。きゅー太さんにはブログ等でコメントも頂き、取り上げていただいてますのでこのネット関連早急に対処します。
また値段が高いとのことで、今回は0弾第1クォーター(本筋5割、フィクション5割)で、企画の上でフィクション10割ではなく、昔の文学(今回はおくのほそ道ですが)をしっかりとシール化したうえで、シンオクストーリーを膨らませるというコンセプトなので種類も増えて大変なのも充分認識しております。第1弾からは、キラ・W混合になります。また種類が多いのも今回の0弾で、松島まで時系列に行くことがどうしても重要なコンセプトなので、今後の第1弾に続くので、種類が増える形になります。ご了承いただければ、と思います。とは言っても、金額的に高額になりますが、抽選・トレードで何とかきゅー太さんにはフルコンプしていただければ幸いです。
まずはネット関連わかり次第、またコメントします。
よろしくお願いします。
シンオク

Posted by: シンオク | 2014年01月27日 16:17

きゅー太様へ

Jimboでの回答は、当ホームページに載せますが、きゅー太さんのおっしゃるトレンドマイクロ社向けへの安全性評価の申請は、2/6に一度ネットのプロにやってもらう形で会います。よって申請が下りるのは、2/7以降になります。申請した時点でコメントします。
ホームページ上では、このトレンド関連のことは載せません、まだ解決してませんので、ご了承下さい。
よろしくお願いします。
シンオク

Posted by: シンオク | 2014年01月30日 23:28

きゅー太:

>シンオクご担当者さま

コメントありがとうございます!
個人ブログの意見にも逐一回答していただき、頭が下がります。

infoドメインはスパムでもよく見かける上に、数字だけというところで
安全性に懸念があると判断されやすいのかもしれませんね。
せっかく練り上げられた企画が「見れない」というのは大きな機会損失だと思いますので、
早く誰でも情報に触れられるようになることを願ってます。

また、0弾シール構成に関しても細かい情報展開ありがとうございます。
私の記事の中に事実と異なる個所があればご指摘くださいませ。

よろしくお願いいたします!

Posted by: きゅー太 | 2014年02月02日 01:27

きゅー太様へ

infoドメインは、そうなんですね。問い合わせでも使うので、あまり使用しない方がいいとも言われました、取引先に。ちょっと、このドメインは今後考えます、変えた方がいいかもしれないので。

また、トレンドマイクロ社向けへの安全性評価の申請も、1/31から2/1にかけて、動いております。というか、色々申請をしております。動きがあったらまた報告します。2/6の夕方に再度確認します。

きゅー太さんから言われて、感じることもできますし、逆にこちらが伝えてないからきゅー太さんに言われて、これも伝えないとという発見もあるので、どんどん批評、批判して下さい。事実と異なっていても、それは当方の情報ミスなので、すぐに修正コメントします。(つもりです!!)

ネット環境、進展あり次第また連絡します。
いつもブログ楽しく見させてもらっております。
シンオクより


Posted by: シンオク | 2014年02月03日 23:37

きゅー太様へ

お世話になります。トレンドマイクロ社向けの安全性評価の申請ですが、2/1に安全の申請をし、2/6の今日まだ認証が取れていないので、再度2/6の16:00に申請をもう一度しました。
いずれにせよ、再度申請を2/6にしましたが、進展あり次第ご連絡します。気をもたせてしまい大変お手数おかけします。

Posted by: シンオク | 2014年02月06日 23:57

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C)きゅー太の一人BLOG.