2018年12月22日

勝手にBM10大ニュース!2018

そういやせっかくブログ再開してるんですから、
しばらくやってなかった年末恒例のあの企画でもやりますかね?

そんなわけで3年ぶりに帰ってきました。
きゅー太が独断と偏見とその他もろもろで選ぶ、
平成最後の2018年シール業界10大ニュース!

…いえ、わかってるんですよ。
どうせ今年もコラボばっかりだとか33弾出たとか、
わかりきったネタが並ぶだろうことは。
それでも私自身今年何があったかを確認する意味でも
とりあえずやってみますよやりますともさ。

そんなわけでさっそく10位から4位まで発表!

第10位
何故?!アップル広告にビックリマンシール!
http://ascii.jp/elem/000/001/694/1694808/
6月頃のMacBookの宣伝動画にて、出演者が使っているPCに
何故かビックリマンシールが貼られていて騒然となった話題。
理由は不明ですが、これがそのまま宣伝に使われるというのもすごい話です。
ちなみに先日の謎解き問題のCはこの画像がきっかけで発案しました。


第9位
マリーンズイベントで今年も限定シール配布
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181114/mar18111405000001-n1.html
11月に開催された千葉ロッテマリーンズのファン感謝祭で
福浦選手の2000安打達成記念限定ビックリマンシールが
抽選で2000人に配布されたとのことです。
どうでもいいけど安直な「S字デザイン」が多用されてて
テキトーにデザインした感じがよく表れてる一枚かと。

第8位
文楽コラボ再び!
https://www.ntj.jac.go.jp/topics/bunraku/30/20185.html
去年に引き続き、今年も国立文楽劇場とのコラボ企画が実現。
スサノオなのにヤマト爆神という、BMファン的には首をかしげるデザインもありました。
今年は他にも「田辺3偉人シール」(http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=359166)など
なんだかよくわからないコンセプトに多くのコレクターが振り回されたようです。

第7位
10月1日は誰も知らない「裏ビックリマンの日」
https://zatsuneta.com/archives/11001q8.html
4月1日の半年後ですが、結局「ビックリさせる」という趣旨は同じという
イベント水増し以外の何物でもない新企画が始動。
なのに公式サイトでは一切告知なし、イオン系列でのみノベルティ大量投入、
そもそもシール自体が「雑コラ」という、これは一体何の実験かと言いたくなる謎企画でした。

第6位
スマホゲーム「コトダマン」拡大中?!
https://kotodaman.sega.jp/
私はプレイしてませんが、何やら普通に人気があるようなのでこの順位に。
ちょくちょくシールとしてイベント等で配布しているそうで、
元々のデザインがビックリマン風ということもありよく話題になってますね。
某タワスペの二の舞とはならないようでよかったです(w

第5位
ガムラ最終弾降臨!「幻の最終抗争」発売開始
https://www.4094.info/
当時の絵師とストーリー担当がコレクターの協力を得て
コラボ等で広く浅い路線のBMとは真逆に、深く狭くを極めたような企画。
価格は張るもののそれだけの価値がある…ということみたいです。(^^;

第4位
4月1日は「ビックリマンの日」!限定新ロココに唖然?
http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/bmday2018/cp.html
今年は限定ホロシール「ヘッドロココII」が41枚限定で登場!
なんでこう最近のデザインは軒並み微妙なのか…。
同時に通販された「ホロセレクション」も大概なラインナップでしたし。
今回もコレクターズアイテムなのに大多数のコレクターを満足させない真逆の思想で、
話題作りにばかりご執心な様子が浮き彫りになりました。


そんな感じでこのままトップ3発表!

第3位
まだまだ続くコラボ路線!
http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/news/475_dragonball.html
進撃の巨人、キングダムときて一番の目玉がドラゴンボールでしょうか?
さすがにコラボ路線も飽きられてきた感が否めないのですけど、
それでも限定セットが即完売するなど影響力はそれなりにあるようで。
(ドラゴンボール以外は未だに売れ残ってるようですけど)
ただ少年漫画のコラボだとGHがデザインし直す意味が薄いのが何ともかんとも。

第2位
毎週水曜はコロコロオンラインに集合!
https://corocoro.jp/tag/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%B3/
関係者のインタビュー記事を毎週掲載するコーナーがスタート。
反後(元)博士が頻繁に登場して思い出話を語るのが受けています。
聞き手がいまいち詳しくない人なのがもったいないのと
なんだかんだで博士も結構テキトーなのが気になってしまいます。

第1位
悪魔VS天使シリーズ本編が動いた!33弾発売!
http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/33dan/
7神帝外伝、伝説11、裏BMという流れを受けてか、シリーズ33年目にして新弾が登場。
ついにパンドラの箱を開けちゃうのか~という気持ちもありますが、
果たしてコレ売れてるんですかね…?


はい、そんなわけで多くの方が予想した通りなんじゃないかと思いますが、
2018年のシール関連の動きはこんな感じだったようです。

相変わらず公式の「注目されたもん勝ち戦略」が目立つ一方で
古くからのファンに訴えかける商法も散見され、二極化がさらに広がった感がありますね。
まあ、コレクターでない立場からすればどっちでもいい話ですけど…。

投稿者: きゅー太 日時: 2018年12月22日 00:00 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kyu-ta.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1988

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright (C)きゅー太の一人BLOG.