第12弾ヘッド 聖梵ミロク

 

 


曼聖羅より超源歴に一度接近飛翔する創
聖巡師!次界域の魔色動温を未層圏より
感知し聖弾流激掃射!念魔造霊消化

天使界のウワサ 第二第三創聖巡師の接近は後間近!大聖動?

 

次界道で暴れていたゴーストアリババの頭上に出現し、
聖弾流というエネルギー弾を放った謎の超ヘッド。

その正体は新天地を探すために「曼聖羅」から飛来した
異聖神配下の創聖巡師であった。

ミロクは他の3人の創聖巡師の到着と同時に
戦闘形態である「
怪奇ミロク」に変身して聖魔両軍に襲い掛かった。
最終的には
アンドロココと神帝隊との戦いで撤退。

聖魔和合後も異聖メディアの側近として活躍した。

 

[1] ミロク環(ミロクかん)
曼聖羅の意志(エイム)により指名された者に浮かぶ象徴。
[2] 羅剣(らけん)
意志(エイム)が弦部に伝わり共鳴動させる剣。
[3] シャドーバード
口部を覆う影鳥。飛び立つと大異事が始まる?
[4] 創聖巡型4(そうせいじゅんモデルフォー)
意志により同聖動する集団像(ボディイメージ)。武器ではないらしい。
[5] エイムコマン眼(エイムコマンがん)
謎のエネルギーが伝わる度に閃光を放つといわれている。
[6] 謎の刻星(なぞのスターサイン)
両手に刻まれた星。大聖動の標的を意味するのか?
[7] 聖羅ウィング(せいらウィング)
歴史の時間の隔たりを一瞬に飛び渡る。

※図解のシールはアイス版です。

[参考文献] コロコロコミック増刊号ビックリマン超特集2、コロコロコミック1987年12月号など

<<魔スターP -  INDEX  - ヤマト爆神>>