第13弾ヘッド ダークヘラ

 

 


魔動源に出現したヘラは陽動念動で万魔
物を操作する魔闘妃!ワ・レ・ネ・ブ・ラ・
ヲ・魔・エ・イ・ミ・ン・ス・ベ・ク……

天使界のウワサ 造魔棒がヘラの魔手を離れて肥大化しだす?

 

元は次動ネブラの先住民であったが、
ワンダーマリアによって洗脳され悪魔軍ヘッドとなる。

造魔棒で造魔竜鬼たちを操って次動ネブラに巨大要塞「魔幻型」を建設。

ヤマト爆神とも何度か対決したが決着はついていない。
造魔棒が肥大し
魔覇ドラゴットになって飛び離れた後、
用済みとなったヘラは洗脳が解けたとも始末されたとも言われる。

 

[1] ヘラへクサアングル
次界闘格ヘッド者の頭上に浮遊する、三角星(トライアングルスター)インナー型(モデル)の魔念星。マリアの洗脳で出現?
[2] 造魔棒(ぞうまスティック)
造魔竜鬼を操作するが、それ自体もヘラの手を離れて肥大化しだす。
[3] 仮魔フラージュ(カマフラージュ)
次動ネブラが動き情景が変わるとともに、色や柄が変化し続ける迷彩衣。
[4] ヘラウィング
ネブラ魔域化完了までは、魔飛力抑圧の形態を保っている。
[5] バットガード牙(バットガードタスク)
ヘラを守るアイテムだが、同時にヘラを監視している。

[参考文献] コロコロコミック増刊号ビックリマン超特集2、コロコロコミック1988年1月号など

<<ヤマト爆神 -  INDEX  - ヤマト爆神(タイプII)>>