第13弾ヘッド 怪奇ムガル

 

※怪奇ムガルと聖梵ムガルはWシールの1枚目と2枚目なので、裏書は同じになります。


未層圏へ接近中の第二創聖巡師!怪奇姿
は聖被膜なのか聖光未到域では理力解明
不可?曼聖羅の意志は?!

悪魔界のウワサ 巨翼の激動が止まると羅音の調が伝播しだす?
※怪奇をはがすと不思議な像が出現するゾ!

 

次界上空に広がる「未層圏」という地域に飛来した第2の創聖巡師。

ミロクに追いついたのち、本来の姿である「聖梵ムガル」に戻って
残る2人の創聖巡師を弦の調べで誘導した。

その後、再び怪奇化して天使・悪魔両軍に宣戦布告し激闘。
最終的に曼聖羅軍の撤退で幕を閉じた。

 

[1] ジャ梵冠(ジャボンコロネット)
曼聖羅のエイムコマンドの一部が刻まれているという。
[2] 巨翼(ジャイアントウィング)
曼聖羅からの超離事域を飛び渡るウィング。
[3] 像剣(イメージソード)
エイム動像が集結した時に穴が満たされるという。
[4] 羅鐘(らしょう)
この鐘が鳴ると聖被膜が消滅し始めるという。
[5] ムガル創奇袋(ムガルそうきたい)
この袋が破れる時、超怪奇現象が始まりだすという。
[6] 奇皿曼(きさらまん)
エイムの伝播により、4種(フォーシード)が回り始め飛び散り去るという。

[参考文献] コロコロコミック増刊号ビックリマン超特集2、コロコロコミック1988年1月号など

<<魔覇ドラゴット -  INDEX  - 聖梵ムガル>>