第13弾ヘッド 聖梵ムガル

 

※怪奇ムガルと聖梵ムガルはWシールの1枚目と2枚目なので、裏書は同じになります。


未層圏へ接近中の第二創聖巡師!怪奇姿
は聖被膜なのか聖光未到域では理力解明
不可?曼聖羅の意志は?!

悪魔界のウワサ 巨翼の激動が止まると羅音の調が伝播しだす?
※怪奇をはがすと不思議な像が出現するゾ!

 

怪奇ムガルが未層圏到着後に元の姿に戻ったバージョン。
基本的にこの姿は非常に温厚で非戦闘的。

異聖メディアの娘・オリン姫の乳母としても知られる。

 

[1] 梵三斑点(ぼんさんはんてん)
曼聖羅意志達成時に三つの点が集まり創聖種として飛び離れる。
[2] 守触(ディフェンドフィラ―)
最大危機遭遇時にせり出し、梵我身をつき昇華するという。
[3] 伝播乱梵(でんぱらんぼん)
像をキャッチし、一瞬にして消姿波(しょうしウェーブ)を伝射する。
[4] 羅味線(らみせん)
かきならす調べは巡師動(じゅんしアクション)のプログラムか?

※図解のシールはアイス版です。

[参考文献] コロコロコミック増刊号ビックリマン超特集2、コロコロコミック1988年2月号など

<<怪奇ムガル -  INDEX  - 魔魂プタゴラトン>>