第14弾ヘッド 怪奇ミロク

 

※怪奇ミロクと怪奇インカは一枚の台紙の表裏に貼られており、裏書は共通となります。


聖被膜に戻りだした二師の異容に羅激音
シャワーが注ぎ戦動舞々が始まる!!羅剣
穴が少しずつ閉じだす?

<エイム伝播>












































悪魔界のウワサ 超無限の数の動子が飛集し始め未層を覆う

 

聖梵ミロクが聖被膜変化して戦闘体制をとった姿。

3人の創聖巡師が揃ったとき、この姿になって
次界第3エリア「無次元」を第2の曼聖羅にするべく聖魔排除に動き出した。

聖梵インダストが羅剣の穴を埋めると更なる攻撃形態にチェンジする。

 

[1] チーフ翼(チーフウィング)
ウィングアクションの変化によりエリアに巨空崩を起こすという。
[2] 無対羅光(ムタイラコウ)
エイム調により、激光を掃射する6つのメダル。
[3] ジャ梵蛇冠(ジャボンジャコロネット)
エイム伝播により回身肥長化開始し、ミロクより遊離するという。
[4] 羅魂棒(らこんぼう)
エイム動像により穴が満たされ始めると、肥巨大円剣に成長する。
[5] 拒絶静源(きょぜつせいげん)
次曼聖准胝地で集光彩し、超怪奇(ちょうミステリー)現象を起こすという。

[参考文献] コロコロコミック1988年6月号など

<<デカネロン -  INDEX  - 怪奇インカ>>