第16弾ヘッド 異聖メディア

 

 


衰様相の曼聖羅から瞬伝姿出現の異聖神
?!我の教境に相応しい域に早う安置位し
てたもれ!!のぉ〜若童鬼よ?

天使界のウワサ 無次元が消滅し始めた時微粒体が久遠へ飛ぶ

 

遥か彼方の水の国「曼聖羅」を治める異聖神。

大昔に源層界を追放されて以来、聖神ナディアを逆恨みしていた。
曼聖羅が「閏源歴」という寿命を迎えて滅び始めたとき、
新天地として次界第3エリア「無次元」に第2曼聖羅を築こうと画策。
ちょうど次界で戦っていた天使・悪魔と激突することになる。

アンドロココの攻撃と古聖長ヘブダヤの手ハープで改心し
次界を諦め撤退したと思われていた。

しかし聖魔和合後、再び次界への侵攻を開始する。

 

[1] メディア環(メディアかん)
曼聖羅のシンボルとして浮かぶ異聖わっか。
[2] 異聖矢(いせいや)
射られた方向へ広がり、飛到達のエリアまでメディアの力が及ぶという。
[3] 新羅触管(あらしょくかん)
新(ニュー)教境に到ると伸びだし、硬化して異聖パワーを吹き込むという。
[4] 曼作弓(まんさくきゅう)
新(ニュー)教境にて異聖矢をつがえ、久(きゅう)なる方向へ射るという。
[5] 次巡曼珠(じじゅんまんだま)
新たに巡師を見守り、エイム動(アクション)をコントロールする珠。
[6] 瞬伝姿相(しゅんでんしそう)
異層間を一瞬のうちに渡るとき、発生するというカスミ波。
[7] 大錠棒(だいじょうぼう)
大教境中心部にさし込むと巨増殖し始めるという守生体。

[参考文献] コロコロコミック1988年10月号、てれびくん1988年11月号、週刊ファミ通2005年11月4日号(No.881)など

<<ダビデブ -  INDEX  - 古聖長ヘブダヤ>>